地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 速報 > 高校駅伝女子、世羅会心の逆転レースで5年ぶりV
2020年12月20日
編集部

高校駅伝女子、世羅会心の逆転レースで5年ぶりV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • SRC

全国高校駅伝は212月20日午前中スタートの女子第32回大会がたけびしスタジアム京都発着のコース(5区間21・0975キロ)で行われ、世羅(広島)が1時間7分13秒で5年ぶり2度目の優勝を果たした。

「8位以内」を目標に大会に臨んだ瀬良はトップと42秒差で8位で最終区へタスキ渡し。最終5区のテレシア・ムッソーニ(3年)が3キロ過ぎからスパートをかけ”軽い走り”で先頭に立つとそのままイッキに差を広げて14分37秒の区間新記録でゴールテープを切った。

優勝候補に挙げられていた神村学園(鹿児島)は2位でレース後、ショックの色を隠しきれなかった。それほど鮮やかな世羅の逆転レースが決まった。

世羅・中川久枝監督の話
テレシアに渡った瞬間、確信した。よく繋いできれた。ほんとに5人がよくやってくれたと思います。世羅高校に関わって下さる方がしっかり応援してくれてここまでこれたと思います」

テレシア・ムッソーニ選手の話
今年はいろいろ悔しさがあって、この大会で晴らそうと思ってがんばりました。地域の人々やチームメイトのサポートが力に変わりました。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内