地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 崇徳対中京のサスペンデッドゲーム再開で延長三十六回へ突入(8月30日)
2014年08月30日
編集部

崇徳対中京のサスペンデッドゲーム再開で延長三十六回へ突入(8月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催)は兵庫県の明石トーカロ球場で、2日連続のサスペンデッド(一時停止)ゲームとなった準決勝の広島・崇徳(西中国代表)と岐阜・中京(東海地区代表)の試合を再開した、が三十五回まで無得点で延長三十六回に突入した。

なお、夏休みの終わりに3日連続の大熱戦!関係者、父兄など、歴史的な戦いを支援するみなさんも食事面や宿泊、さらには洗濯や事務管理などで大変なことになっており、選手の健闘を称えながら、裏方さんたちの粘り強い努力も続いている。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内