地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サンフレッチェ広島、フェアプレー賞高円宮杯6年連続で途切れる
2018年12月18日
編集部編集部

サンフレッチェ広島、フェアプレー賞高円宮杯6年連続で途切れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • クヌギ

明治安田生命Jリーグの年間表彰式「2018Jリーグアウォーズ」が12月18日、横浜市内であった。

最優秀選手にはJ1・2連覇の川崎フロンターレからMF家長昭博が選ばれた。川崎フロンターレからは2016年にMF中村憲剛が、2017年にはFW小林悠が選ばれており、史上初の3年連続同一クラブ選出となった。2015年はサンフレッチェ広島のMF青山敏弘だった。

ベストイレブンでも川崎フロンターレからは最多の7人が選ばれた。

得点王は名古屋グランパスのFWジョーで24得点。サンフレッチェ広島のFWパトリックは20得点で2位。

ベストヤングプレーヤーは鹿島アントラーズのMF安部裕葵で東京都出身だが広島の瀬戸内高校出身。2015年にはサンフレッチェ広島のMF浅野拓磨がこの賞に輝いた。

年間の反則ポイントで決まるフェアプレー賞の中でも最も反則ポイントが少ないチームに送られる高円宮杯はセレッソ大阪で初受賞。2012年から6年連続で受賞していたサンフレッチェ広島の連続記録が途切れた。J1でのフェアプレー賞9クラブにはサンフレッチェ広島も名を連ねた。

一方、フェアプレー個人賞もサンフレッチェ広島からは選出されなかった。2017年はサンフレッチェ広島からDF水本裕貴が個人賞を受賞した。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内