地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > なでしこジャパン、女子アジア杯初優勝、広島出身のGK山根も貢献
2014年05月26日
編集部

なでしこジャパン、女子アジア杯初優勝、広島出身のGK山根も貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

サッカー女子のアジアカップ決勝がベトナム・ホーチミンで行われなでしこジャパンがオーストラリアを1-0で破って初優勝した。

この日、日本のゴールマウスを守り切ったGK福本美穂(岡山湯郷Bell)は準決勝の中国戦(2-1勝利)、予選ラウンドのベトナム戦(4-0勝利)でも活躍。

一方、予選ラウンド初戦のオーストラリア戦(2-2引き分け)では、広島・宇品中学出身のGK山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉)がフル出場し、残る予選ラウンド3戦目のヨルダン戦(7-0勝利)は海堀あゆみ(INAC神戸レオネッサ)が起用された。

日本女子代表の佐々木則夫監督は、今後の代表メンバーの世代交代を考える上でそのカギとなるGKに3選手を併用し、最後は1-0完封の理想的な形で前回2010年の覇者、オーストラリアを下して初のアジア王者にたどりついた。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内