地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島のサード争い、堂林を追い越して高卒3年目の美間が台頭
2015年03月07日
編集部編集部

広島のサード争い、堂林を追い越して高卒3年目の美間が台頭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト石川から一発放つ美間
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

ヤクルト石川の変化球を力強く振り切りレフトスタンド、コンコースへ運んだ美間

 

 

広島のサード争いは堂林を軸に、梵、小窪、それにファーストも守る新井貴浩らでキャンプから火花を散らしてきた。

しかし、本命視されていた堂林は結果が出せず、その間隙を縫って2012年、ドラフト5位指名の高卒3年目、美間が猛アピールだ。

マツダスタジアムで今季初のオープン戦となった3月7日のヤクルト戦。先発の石川から第1打席で左翼席コンコースへツーランホームランを打ち込み、首脳陣を喜ばせた。

しかも簡単に2度空振りしたあとファウルで粘り、8球目を仕留めてみせた。

第2打席でも粘りに粘り、マウンド上の石川もうんざり…。ひと呼吸置いての右打ちはライトライナーだった。

守備ではいきなり悪送球エラーを犯したが、メゲずにその後は攻めの守りでノーミス。打っても思い切りのいいスンングで若さをめいっぱいアピールし、足踏みする堂林をじわりと追い抜いた。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内