地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島市の松井市長とサッカースタジアム問題、2年前の「励ます会」ではノーコメントだったスタジアム建設のリーダー
2016年12月02日
編集部編集部

広島市の松井市長とサッカースタジアム問題、2年前の「励ます会」ではノーコメントだったスタジアム建設のリーダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松井市長
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

おりづるタワーから旧広島市民球場跡地を見下ろす松井市長

 

まずは、次のひろスポ!記事を紹介する。最後まで熟読していただきたい。

 

株主・スポンサーに向けての「感謝の夕べ」であいさつするサンフレッチェ広島の久保会長は、広島活性化のためにも各人の手でサッカースタジアム建設を…、と積極的に呼びかけた

サンフレッチェ広島の株主・スポンサーに向けての「感謝の夕べ」が12月8日、広島市中区のホテルであり400名以上の参加者で賑わった。

あいさつに立ったサンフレッチェ広島の久保允誉会長はチーム状況などについて触れたあと、遅々として進まない広島のサッカースタジアム問題についても言及した。

「18チームあるJ1の中で専用スタジアムがないのは4チームだけ(川崎フロンターレ、ヴァンフォーレ甲府、専用スタジアムを急ピッチで建設中のガンバ大阪、徳島ヴォルティス)。今度J1に上がる長野(松本山雅FC)でも専用スタジアムがあります。アウェーの17チームがやってくることで街ににぎわいも生まれるという話を聞いています。広島の地域の活性化に繋がるスタジアム。カープもスタジアムができて駅周辺が変わってきています。我々もサッカーを通じて地域の活性化を図り、広島はええとこ、とまた来てもらえるように、今日ご出席の各氏にスタジアム建設を後押ししていただきたいと思います」

久保会長の例年にない具体的な訴えかけは、裏を返せば危機感の表れと言える。サンフレッチェ広島の小谷野薫社長も委員に名を連ねるサッカースタジアム検討協議会は1年半も費やしながら建設主体も資金調達方法も、具体的なスタジアムの施設内容も管理方法も決めることができなかった。根本的な問題のはずの建設場所させ絞り込めていない。「早期完成」の市民、サポーターの願いも掛け声倒れになりつつある。

サンフレ感謝の夕べで久保回会長の話を聞く松井市長
久保会長の話に耳を傾ける松井市長

このあと来賓あいさつのため登壇した広島県の湯崎知事は「2年前、優勝の時も申し上げましたが究極的には実現のためにはサポーターの力だと思います」と久保会長の話とはまるでかみ合わない返答に終始。それでもスタジアム問題に触れただけまだ会場の関係者も救われたが、続いてあいさつに立った広島市の松井市長は「私の方はメモを見ながら冷静に話ます」と切り出し「スタジアムについては知事が言いましたので割愛します」と結んで会場の失笑を買った。

サンフレ感謝の夕べでメモを読む松井市長
来賓あいさつでメモを読み上げる松井市長

松井市長は昨年(2013年)12月に公式の場で「サンフレッチェ広島は2位でいい」とコメントして広島市に苦情が殺到。その後陳謝したが市民、サポーターの間からはその後も疑問の声が相次いでいる。

かつてサッカー王国と呼ばれ、スポーツ文化を地域の大きな財産として、市民・県民の誇りとして育て上げてきたはずの広島が、このままではハード面において”J1のガラパゴス”になる可能性がある。

サンフレッチェ広島は「3本の矢」をもってこそ、ピッチの中でも外でも力を発揮する。

行政、財界、市民・県民・サポーターの3つを誰が、どう束ねていくのか?それができない限り、広島市内のサッカー専用スタジアムでホイッスルが響く日はまずやってこない、と考えた方がいい。

文責・新サッカースタジアム問題取材班

 

記事引用は以上

 

ここに紹介した記事は2014年12月8日にアップした。タイトルは…

広島サッカースタジアム構想空転でサンフレッチェ広島、久保会長が広島政財界に協力要請、広島市の松井市長は祝辞でスタジアムの話題「割愛」

 

その後、2015年の同じ時期にはサンフレッチェ広島の3度目のJ1制覇があり、広島中がガンバ大阪とのチャンピオンシップやクラブW杯での熱戦に興奮し、そしてまた今年も12月がやってきた、ということになる。

2年も経過して、サッカースタジアムはいったい何がどれだけ進んだのか?

答えは「実質的にはほとんど進んでいない」が正解だろう。

なぜか?

「場所決め」が行われていないからである。

「建設場所」が決まらないとはっきり言って何も進まない。一戸建ての自宅を建てる人はまずは場所から決めるだろう。先に自宅のデザインをする人はまずいない。

「場所決め」の責任者は広島市の松井市長だ。

先のひろスポ!2014年12月の記事の中で湯崎知事が「究極的には実現のためにはサポーターの力」などと話しているが、それは方便に過ぎない。サポーターはもう十分過ぎるほど訴えてきた。署名も40万件以上集まっている。メディアも十分、騒いできた。

諸事情により広島県の湯崎知事が先頭に立った「広島みなと公園」へスタジアムを誘導する策は見事、失敗に終わった。時間も労力も税金もたっぷり無駄にした。

昨今ではサッカースタジアム問題に関して湯崎知事はまともな発言を一切しなくなった。

中国新聞では「湯崎広島県政、2期目残り1年」を検証する連載も始まっているが、この一件だけでもマイナス要素は大きい。

大崎上島での中高一貫グローバルリーダー育成校建設、とうとう福山市長が交代してしまった鞆の浦問題、県の投資ファンド問題、コンセプトのあいまいなピース・アーチ・ひろしまイベント…、県政の課題、不思議?を挙げればキリがないが…

しかしサッカースタジアム建設のリーダーは湯崎知事でも、広島商工会議所の深山会頭でもない。

松井市長だ。

2年前のサンフレッチェ広島「励ます会」でノーコメントだった松井市長の今回の発言を次回、詳しく紹介する。

広島新サッカースタジアム取材班

ひろスポ!おすすめ情報

冬のスポーツ観戦にはコレ!冬のお肌でお悩みのサッカー女子のみなさんにも…「えごまオイル配合」の「プティボヌール」発売開始

hirospo.com/pickup/33917.html

ユメアスフーズ

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内