地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島新サッカースタジアム取材班にお叱りの声!中国新聞投書にも、広島中央署盗難ほか「公権力に不審募る」の声
2017年06月08日
編集部編集部

広島新サッカースタジアム取材班にお叱りの声!中国新聞投書にも、広島中央署盗難ほか「公権力に不審募る」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オバマ大統領
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

2016年5月27日、オバマ大統領(当時)広島へ(トップ画像)、その広島で今、何が起こっているか…

 

ひろスポ!新サッカースタジアム取材班に様々な声が届く。

そのうちの一通を紹介する。

「最近、広島のサッカースタジアムについて取り上げないのはなぜですか?ネタがない?

考えすぎかもしれませんが、今季サンフレが弱いのは、サッカースタジアム建設の関係もある?

最近、久保会長も出なくなりましたよね?」

 

ご指摘いただいたとおり、最後に関連記事をアップしたのは5月4日。もう1カ月もスタジアムネタを掲載していない。

ひろスポ!5月4日記事

札幌では市長と球団幹部が直接交渉…から探るマツダスタジアム建設の経緯…広島サッカースタジアム問題を別の視点で見てくと…
hirospo.com/pickup/37685.html

この記事では札幌市と比較しつつ、広島におけるスポーツ行政について紹介した。当然ながら反響は大。ドコモdメニューのアクセスランキングでも1位になった。ひろスポ!の記事はドコモdメニューニュースにも配信されている。

ドコモdメニュー
smt.docomo.ne.jp/

サッカースタジアム

こんなひろスポ!関連記事もある

ひろスポ!がアクセス数トップ3を独占!docomo dメニュー(2016年3月1日掲載)
hirospo.com/pickup/27034.html

 

せっかく何万人という読者に届くのに、なぜ新サッカースタジアム取材班は原稿を書かなくなったのか?その答えは、「書くべきことが多すぎてどこから手をつければいいか分からない」から、だ。

さらに冒頭の読者の方のメールにあるとおり、

「今季サンフレが弱いのは、サッカースタジアム建設の関係もある?」

…からで、話が複雑に絡み合っている。

ところで、6月8日付中国新聞7面、「広場」読者投稿の中に「公権力に不安感募る」の見出しである主婦の方の投書が掲載された。

主旨は以下の4点。

・広島中央署の現金8572万円盗難事件への広島県警の対応、捜査経緯を明かさぬその姿勢

・愛知県警による容疑者への捜査情報漏えい

・森友学園、加計学園問題での公権力の不誠実な対処

・「共謀罪」法案を急ぐより、公権力を厳しく取り締まる法案早期実現を希望

この方の言いたいこと、に大きく頷く市民、県民は多いはずだ。逆に少なければ広島はもう終わっている。国際平和文化都市などと言えなくなる。

で、この4点は”広島のサッカースタジアム問題”そのもの、でもある。だから、話は簡単ではない。公権力の暴走を、誰も止めることなく今に至っている、というわけだ。

オバマ前大統領が広島を訪れたのは昨年5月27日のことだった。広島では警察組織がその威信をかけて警備にあたり、大統領専用機が米軍岩国基地から無事離陸したのち、当時の宮園司史本部長は、全関係者に向け、無線で感謝の言葉を伝えたという。

ほどなく宮園本部長は広島をあとにした。国際都市での大仕事を終えて、ステップアップするためだ。

それほど素晴らしい警察組織が一年で見事に瓦解した。いったいこれはどういうことか?政務調査費不正受け取り問題で告発された広島市議がいつまでもそのままになっているのもうなづける。広島に正義はないのか?

一時が万事そんな調子だから、サッカースタジアム問題も矛盾を抱えたまま、やりたい報道の「権力」に対して何らの浄化作用も働かず、市民の希望にも沿わず、行政が用意した青写真にてきとうにはめ込まれようとしている。

だが、ほんとにそれでいいのだろうか?

行政任せにしておくと、とんでもないことが頻繁に起こる。広島においても、である。

着陸機がオーバーランして大災害一歩手前だったあの一件以降も、霧による欠航便の”キリ”がない、アクセス問題も併せて日本一危険で使い勝手の悪い広島空港もしかり。

カープグッズの売り上げでごまかしてはいるが、本来のアンテナショップとしての機能を果たさず、特産品どの売り上げは[銀座なんかに移転したもんだから、以前の南新宿時代からガタ落ち」(関係者)という広島ブランドショップTAUもしかり。

要はメディアが書かない(書けない)だけで、その実相は惨憺たる状況だ。

空港もTAUも”あんなところ”にもって行って欲しいと広島市民、広島県民が頼んだ訳ではない。決めたのは広島県、あるいは首長。安佐市民病院問題に、広大本部跡地のぜんぜん「知の拠点」とは関係なくなった再開発問題など、行政任せの事案における失敗例は枚挙にいとまがない。

場所決めの段階で、「揉みってる」否、「もめってる」新サッカースタジアム問題は、広島のありようや広島の未来を大きく変える可能性を秘めている。

だから2020年以降の国家戦略にも組み込まれようとしている。(安倍政権の今後がどうなるかはとりあえず置いといて…)

ところが、ちょこちょこっとお茶を濁すようなことを広島市は平気でやりかねない。要は作りゃいいんでしょ、作りゃ…的な…

なので、新サッカースタジアム取材班は再稼働する。

ついでに触れておくと広島中央署の大事件は8日で「発覚から1カ月」と報じられているが、ここがまさに”カギ”ではないか?

「発覚」を意図的に「連休明け」とすれば、捜査(といっても身内が身内に聞く”だけ”だが)は「連休期間中」に集中する。だから、わざわざわかるようにカギの入った机を「壊した」ことにして、みんなに気づいてもらった。

いや、気づいてもらわないと困るのだ。

GWよりもっと以前に金庫の中身はとっくにからっぽ。GWと盗難事件はぜんぜん関係ないから、ほとんど捜査の手(身内の手)は及ばない。

鳥取県北栄町にオープンした「コナンの家 米花商店街」が大人気となっている。人気漫画「名探偵コナン」に会えるからだ。

コナン君なら、きっと「鍵の入った机の引き出し、その壊し方ですが、どうも変ですね」と言うだろう!?

広島中央署もコナン君ミステリーオプショナルツアーに組み込んでもらい、みんなで考えた方がいい。広島県警は現場の状況をまったくオープンにしていない。限られた捜査で無理なら、”公開”捜査がお勧めだ。

新サッカースタジアム取材班も国内政令都市の捜査班と行動を共にしたりするが、現場では残された状況、証言などにおいて「あれ?っと思うこと」から糸口をつかむという。

そもそも論だが、そんな手際のいい連中なら、引き出しを壊したりはしないだろう。

県警OBが最初に指摘したとおり、引き出しの細工はダミーの可能性大、である。

カメラの1台もない警察組織内部のフロア。内部の者はその気になれば何でもできる。署内であるからこそ性善説など通用しない。

先に紹介した中国新聞投稿にもあるように、首相がやりたい放題でOKというのがこの国のスタンスで、県警や広島市がやりたい放題やって何が悪い、と言われればそれまで…。

ただし、特に広島において我々は、未来に多くのものを引き継ぎ残していく義務がある。原子爆弾による消滅都市から、戦後復興の時を懸命に生きた先人たちの想いがあって今があるからだ。

この街を創ったのは我々のひと世代前、ふた世代前の普通にこの街で生きることに精いっぱいだった人たちだ。

…話をまとめると、8千数百万円を「広島」はちょろまかしている場合ではない。このままでは、どんなに素晴らしいことが起ころうとも「広島」は世界に恥を晒しつづけることになる。

広島新サッカースタジアム取材班

ひろスポ!おすすめ情報
今、広島で起こっている本当のこと、がよくわかる携帯サイト「田辺一球広島魂」、一杯のカフェラテより安い月間閲覧料金で、いつもあなたのお手元に…
通常携帯版www.ikkyuu-t.info/i
スマホ版ikkyuu-t.com 

ひろスポ!おすすめ記事
小学1年~6年の英語教育&サッカースクール、英国サッカー協会指導プログラムによる小学生のフューチャープレイヤーサッカースクール開催中
hirospo.com/lifelongsports/38505.html
フューチャー・プレーヤー

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内