地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島サッカースタジアム建設場所「まだ公にできる時期ではない」と年明けの深山会頭、しかし2016年8月「当初は1回で…」と会頭は回答…
2018年01月05日
編集部編集部

広島サッカースタジアム建設場所「まだ公にできる時期ではない」と年明けの深山会頭、しかし2016年8月「当初は1回で…」と会頭は回答…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
深山会頭 久保会長
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

トップ画像は2016年8月の4者会談の”頭撮り”から、深山会頭がマイクを持ち、その後方に久保会長

 

広島サッカースタジアム建設場所「まだ公にできる時期ではない」と年明けの深山会頭、しかし2016年8月には「当初は1回で…」と会頭は回答…

広島商工会議所は1月4日、広島市中区のホテルで新年互礼会を開き、深山英樹会頭があいさつした。その様子は翌5日付の中国新聞9面でも紹介された。

そこには、広島のサッカースタジアム問題に関して「建設候補地の絞り込みにも意欲を示した」と記されている。

しかし、テレビカメラを前にした深山会頭は、スタジアム問題の最初にして最大のポイントである建設場所の決定について…

「時期は抽象的なことしか言えないが、できるだけ早く」

「まだ公にできる時期ではない」

「やはり周辺住民の理解が先決なので…」

と答えるに止まった。

この発言内容だけだと「建設候補地の絞り込み」に「意欲」的とは言い難い。

深山会頭は2017年12月25日の会見の場で「周辺住民」との調整を急ぐ、との姿勢を示していた。

「周辺住民」は基町地区の住民のみなさんを指す。

2017年12月下旬、基町地区の「周辺住民」のみなさんを取材したが、スタジアム建設に歩み寄りを見せる類の声を拾うことはできなかった。

「広島みなと公園優位」のはずが事実上”広島みなと公園脱落”となり、そののちに「第3の候補地」として「中央公園」が浮上した。

「第3の候補地」を言いだしたのは深山会頭だ。

そして、2016年8月、候補地を決めるに当たり松井市長、湯崎知事、サンフレッチェ広島の久保会長、そして深山会頭の4者が一同に会する4者会談が2度、開催された。

2度目の4者会談で深山会頭は「当初は1回で、と思ったが…」と発言した。2016年8月の時点でスタジアム建設候補地が1カ所に決まると踏んでいた訳だが、それから16カ月が経過した今現在でも「抽象的なことしか言えない」状況だ。

広島みなと公園は最初からスタジアム建設候補地としては不適切だった。広島市議会、広島県議会で何度もその点は指摘され、何より最初から港湾関係者が猛反対していた。

2016年3月3日、久保会長がHiroshima Peace Memorial Stadium(仮称)を会見で発表した際、「広島みなと公園に決まった場合、サンフレッチェ広島が使用することは私どもの試算の面で非常に困難と出ている。従って広島みなと公園のスタジアムを使うつもりはない」と発言してもなお、湯崎知事、松井市長は「広島みなと公園優位」の立場を変えなかった。

しかしその3カ月後には「広島みなと公園優位」の発言は聞かれなくなった。

その流れを受けて深山会頭が「第3の候補地」を持ち出した形になり、そして4者会談が2度開催された。

この一連の流れを基町地区住民は理解した上で「反対」の声を上げ続けている、という構図になっている。

以下、2016年8月の2度に渡る4者会談で3者が沈黙を守る中、会見を一手に引き受けた深山会頭と報道陣のやり取りを掲載する。

 

2106年8月4日、第1回4者会談のあとの会見(抜粋)

質問者A これまで知事、市長が先頭に立って進めてきた、なぜ急に深山会頭がリーダーシップをとるのか?

深山会頭 リーダーシップというわけではない、(久保会長も所属する広島商工会議所会頭であっても)あくまで私は3者側、中立の立場ということでもないが、対立の構図のままではいけない。

質問者B 第3の候補地というのが出ている。3者が広島みなと公園優位とする中、サンフレッチェ広島は旧広島市民球場跡地を希望、そのことはどんな話になったか?

深山会頭 ノーコメント。3者として広島みなと公園優位に変わりない。

質問者C サッカースタジアム検討協議会で広島みなと公園と旧広島市民球場跡地に絞った。要は候補地は2つ。第3の候補地とは何?

深山会頭 ノーコメント

 

2106年8月11日、第2回4者会談のあとの会見

深山 3者側と久保会長の意向が折り合わずこう着状態だがスタジアム建設機運が高まっているうちに決めたい。そのために、その他の候補地についても検討したらどうかと(私が)申し上げて、4人で忌憚のない意見交換を行った。

知事からはこれまでの検討協議会での経緯や結果は尊重する必要があるので検討協議会での議論との整合性がとれるその他の候補地がありうるのか、改めて考えてみたいという希望が示された。

市長からは旧広島市民球場跡地については、すでに市が平成27年1月に旧広島市民球場跡地活用策のイメージ図を公開、このたびのオバマ大統領の歴史的訪問によって、いっそうその重要度が増しているとの指摘があった。

その上で今回の意見交換によって、検討協議会においてふたつの候補地に絞り込みを行った時から状況が変わっていることが確認できたことから、検討協議会の議論を改めて確認したいとの意向が(3者側から)示された。

久保会長からは旧広島市民球場跡地がベストであるとの考えは変わらないが、それぞれで候補地を再検討することには同意、との考えが示された。

まとめると、ひとつめ。新たな専用スタジアムの整備に引き続き努力する。ふたつめ。検討協議会で候補地が二カ所に絞られたが、4者が納得する結論を出すのは難しいため今後はその他の候補地の再検討も含め県・市・広島商工会議所の3者側とサンフレッチェ広島がそれぞれ検討し早急に4者会談をして方向性を見い出すことになった。

その他の候補地を再検討するとしたため、県・市・広島商工会議所の3者において、検討協議会を踏まえ改めて整備地を整理していく。

以上、深山会頭の発言の要旨

※ここから質疑応答

・中国新聞 今までの3者の港優位と旧広島市民球場跡地を含めて第3ウンヌンの議論をするのか、ふたつは落とすのか?

深山 ふたつの案も含めてさらに検討しようということ。みなと公園と旧広島市民球場跡地とさらなる候補地の再検討。

・中国新聞 それはこれまでのみなと公園優位を取り下げるということか?

深山 取り下げるというわけではないけど、まあ、あの、並列にして、検討する。

・中国新聞 もう1点。第3の候補地について具体的な名前はきょうは出たのか。

深山 いいえ、まあ、きょうは…それはありません。次回へ向けそういう努力をしていこうじゃないかと。

中国放送 だいたいどれぐらいのメドで次回会談するのか。

深山 具体的な日程は決めてない。できるだけ早く。

ひろスポ! 先ほどの話でみなと公園について、今まで知事、市長は港公園優位を強く言ってきたが、どのあたりでそれは言われなくなったのか。またその理由は?

深山 それは今回の4者会談に向けて、どういうスタンスで臨むかということで、だから今回の階段においてそういうスタンスで行こう、ということになったんではないかと、なったんではないか、とした、と思います。(なったんではないか、を2度繰り返す)

ひろスポ! 同じように久保会長の方はあくまで旧広島市民球場跡地という姿勢で、今回、すぐに「はいそうです」とはならないのでは?久保会長は何と?

深山 えーこれは、やはり今までどおり「旧広島市民球場跡地が現在でもベストを思っている」との発言でした。

NHK やっと4者会談が実現し、尽力した会長のお気持ちは?

深山 おっしゃるとおり、4者会談が緒について、これまでのこう着状態を考えれば非常に意義があったと思う。

中国新聞 サッカースタジアム検討協議会では2か所に絞られてそれをゼロベースに?

深山 えーとね、白紙というニュアンスではなくて、検討協議会で19回の協議を重ねて当初の2案に絞ってきた訳でその過程を踏まえながら、尊重しながら進めていく。白紙ではない。

中国新聞 これまで検討協議会で候補に挙がった中央公園ほかも検討すると?

深山 中央公園も入っています。そういう中から、というかそういうことも尊重しながら再検討する。

読売新聞 最初の検討協議会以外の案も?

深山会頭 どういう範囲でとかはありません。

読売新聞 検討協議会ではふるいにかけた末2案にしたが、ふるい落とす理由を復活させると検討協議会をないがしろにすることにならないか?

深山 いや、そうはならないと思います。これからの検討にあたり、検討協議会の会長なりとも十分コンタクトを取りコミュニケーションをとらないといけないと私自身考える。

TSS 3月末までに結論を出すということだったが、今後は久保会長も交え4者で決めていくスタンスか?

深山 あの4人、4者ではなく、県・市・広島商工会議所とサンフレッチェ、というふうな形で。

TSS サンフレッチェ広島久保会長の納得も必要と?

深山 ええ。

日刊廣島 これまで久保会長案について市長は批判的で、3者側とサンフレッチェ広島は文書でやりとりするなど、両者の関係は収束していないようにも見えるが今回、それはお互い矛先を収めたのか、行き違いのまま前に行くのか?

深山 そうですね、今までのやりとりでかなり理解が進んできたというふうなことで先ほど久保会長からもそういう発言がありました。

毎日新聞 検討協議会の結果を踏まえて、というと検討協議会の議論をどのあたりまで遡るか?あと次回までにそれぞれ持ち寄るというが具体的には?

深山 県が独自で、市も独自で、広島商工会議所も…ではなくて、3者とサンフレッチェ。当然3者での協議とサンフレッチェ。どこまで遡るか具体的なことは知事、市長と検討したい。

毎日新聞 3者の考えをまとめる上でのポイントは?

深山 基本的に、県民市民は当然ながらサッカーファンの方にどういった機能のスタジアム、場所がふさわしいのか。そういった観点で、みんなから喜ばれるスタジアム、機能を中心に考えていく。

ひろスポ! この問題で言えば跡地へのスタジアム建設の可能性が薄くなりつつあるようにも感じるが、サンフレッチェ広島はあくまで跡地と言うことで、それではその跡地がダメな理由は?さきほどオバマ大統領の来広の意義という話はあったが、ほかには?

深山 跡地委員会というのを各会から委員を出して商工会議もメンバーを出して委員長がJC理事長で、検討集約されてできたものが平成25年の1月にまとめられ、その後サンフレッチェ広島が優勝して跡地もスタジアム候補地のひとつになったので、今までの結論をなくしたわけでなくてたぶん棚上げにしていこうということ。市としては、私もそうだが市の跡地委員会のメンバーとして広島商工会議所としてもどういった意見を出すかというこことで、こうして評議委員会で承認を得たものはだいたい今の市の案と似通ったものであったわけです。ですから、そのほかの理由といってもやはり跡地は…、ちょっと個人的なことで申し訳ないけど、かなり敷地が広大ではない。造るにしてももっと余裕のあるスタジアムがいいなと。3万人、2万5000人の問題はありますが、検討委員会の過程では当初4万人の規模という話も出ていた、ということで。

中国新聞 3者の、みなと優位は変わらない?

深山 えっとね、それを変えないか変えるか、という風な意見はなかった。考え方としてそれは並列でいこうじゃないかということ。

中国新聞 4者会談でいつまで方向性を出すか。

深山 当初は1回で、と思ったが1回では無理で、次で方向性が一致すればと。ただやってみないとわからない。

RCC 今のみなと公園をフラットにという話、見方によってはフラットにせざるをえなくなったと…。これまで優位としてきたのがそうせざるを得なくなったことについて。

深山 えー、今までの双方の主張のままでえーいってるとこのままこう着状態が続いて、サッカースタジアム建設の機運が高まっている時に何とかしようというのが削がれてしまう。お互いに何とかしないといけないので今までの強い姿勢を一歩引いたということ。

RCC 一歩引かざるを得なくなった?

深山 前に進めていくためにね。

 

以上、広島新サッカースタジアム取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内