地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 新井貴浩がすがすがしく引退会見で語ったこと、広島とファンへの感謝の気持ちとカープの未来を託す思いと
2018年09月05日
編集部編集部

新井貴浩がすがすがしく引退会見で語ったこと、広島とファンへの感謝の気持ちとカープの未来を託す思いと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新井貴浩
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

新井貴浩引退を知ったバティスタ(トップ画像左)は「打席のあと、今のスイングよかったよ」とかたくさん声をかけてもらっている、とても感謝している」とコメントした

 

広島の新井貴浩内野手が9月5日、マツダスタジアムで緊急会見を開き今季限りでの引退を表明した。会見の内容は次のとおり。

 

今季限りで現役を引退することに決めましたので報告させてもらいます。ありがとうございました。

(決断は)8月の初めの方ですね。自分の中ではもうけっこう早い段階でそういう風に決めようとは考えてました。それで、8月に入ってすぐ鈴木さんの方にこうこうで引退させてもらいますということをお伝えしました。

球団を始め(球団本部長の)鈴木さんからは考え直せと、まだ辞めるなと言っていただき、1カ月間考え直せと言っていただいたんですけど、8月いっぱいまで考えて自分の気持ちが変わることがなかったのでそうお伝えしました。

これといった決定的なタイミングというのはなかったんですけど、いろいろなことを考えていて、そうしようかなと考え出したのが(6月中旬までの)交流戦が終わったころですかね。

やっぱり今ね、若手がすごく力をつけてきてますし、これからのね、2年後3年後、また5年後のカープのことを考えた時に、ま、今年が…いいんじゃないかと…考えました。

自分の中ではね、2015年にカープに戻ってきてから、とにかくカープのために少しでも力になりたいと思って帰ってきましたし、その時1年間やって力になれなかったらすぐ、辞めようと思って帰ってきた中で、こうして4年間もやらしていただいて、優勝もさせていただいて、ほんとに回りの方に感謝の気持ちしかないですね。

黒田さんには早い段階でそういう気持ちです、と伝えてました。あと石原にも伝えてましたね。(黒田さんは)えっほんまかと。それが第一声でした。

最初ね、まだまだできるだろうとそんな感じだったんですが、しゃべっていくうちにお前が決めたことなんだからお前らしくがんばれと。石原は何も言葉を発することなくちょっとショックそうな顔でしたね、はい。

今、ベテランの僕と石原で、僕が今年限りになってしまったんで、あと石原だけになってしまったんで、まだまだお前の力が必要だと思うと、少しでも長くがんばれよとは言いました。

子どもに伝えた時は何で?っていう反応でね、えー、辞めて欲しくなさそうな表情でしたね。

マツダスタジアムだけに限らず、どこの球場でも代打や打席に立つ時、大歓声をいただいてそんな時になかなか自分が今年は喜ばせてあげることができていないので、そういうことも含めて申し訳ないなと思いましたし、25番のユニホームとか着ている方もたくさんおられる中で、今年でユニホームを脱ぐと決断したのでそういう方たちを悲しませるのは申し訳ないなという気持ちですね。

自分は大したセンスもないですしね、練習することでここまでこさせていただきました。ほんと運のいい、周りの方々との出会いに恵まれた運のいい選手だったと思います。

(お世話になった方は)数えきれないぐらいおられるんですけど、やはり山本浩二さんは一番迷惑かけた監督なので。先ほども事前に連絡して気持ちは伝えました。よく頑張ったな、最高の引き際じゃないか、と言ってもらいました。

もちろん満足はしてないですね。ただ、気持ちが折れることはないですね。毎回毎回、大きな声援をいただいているので、最後までちょっとでも喜んでもらいたいなという気持ちでプレーしようと思っています。

自分としては全部終わってからでも良かったんですけど、やっぱり発表してたくさんの人に見てもらった方がいいかな、と言ってもらってこのタイミングになりました。

(残りのシーズンは)もちろん結果で喜ばせたいと思ってやりますし、最後の最後まで全力疾走で駆け抜けたいな、と思っています。本当の戦いは十月、十一月に来ると思うので、自分もチームの力になれるように、また最後の最後このかわいい後輩たちと喜び合えるように、それで終われるようにねがんばっていきたいと思います。

ほんとに感謝の言葉しか見当たらないですね。当時もいいましたけどまさかこのカープのユニホームを着させていただけるとは思っていなかったですし、そう言った中で一年一年が勝負だと思って、ちょっとでも力になれなかったらすぐユニホームを脱ごうと思って帰ってきて、4年間もやらせていただいて優勝もさせていただいて、ほんとに球団始めファンのみなさまには感謝の気持ちしかないですし、その気持ちがやっぱり自分の体を動かして…もらったというのがありますね。

そうですね、最後、日本一になってね、みんなとねうれし涙で終われれば最高かなと思いますしね。また自分もそこになんとか力になれるように。最後の最後まで全力でがんばりたいと思います。

僕の表情ですか?晴れやかですよ。まだまだ試合は続きますし、ほんとここまでやらせていたただいたという、ありがとうございますという気持ちでそうなってるんですかね。でもやはり、誰でもいつでも別れというものが寂しい気持ちにはなりますね。若い選手はチャンスだと思って欲しいですし、そこで競争が生まれてそれでまた、カープのこれからの強さに繋がっていくと思います。

ポテンシャルの高い、いいものをもった若い選手が多いなと感じていますね。その中でも、もちろんポテンシャルが高いのも大事なんですけどいい子が多いですよね。素直で性格のいい子が多いのでほんと、かわいい後輩たちです。

もどってきた時はまさかここまで応援していただけるとは思っていなかったので、ほんとに帰ってきて初めての開幕戦、ヤクルト戦での代打での打席とかを生涯忘れることはないですし、たくさん声援を送ってくださるファンの方に喜んでいただきたいという気持ちがここまで体が動いてくれたんじゃないかと思いますね。

黒田博樹 新井貴浩
2016年11月にあった新井貴浩2000本安打達成記念祝賀会より

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内