地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 高校野球広島大会、春の王者は新庄、広陵を7対2で押し切る
2017年05月06日
編集部編集部

高校野球広島大会、春の王者は新庄、広陵を7対2で押し切る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

平成29年度春季広島県高校野球大会、決勝は5月6日、呉市の二河野球場で行われ、新庄が強打の広陵を抑えて7対2で初優勝した。新庄の優勝は秋春連続。

新庄のエース、有村綜留(そうる)投手(3年)が8回3分の1、126球を投げて2失点(自責1)で試合を作った。

広陵は左腕エースの平元銀次郎投手(3年)が七回につかまり、この回5点を失ったことで試合の流れを手放した。

新庄は6月3日から島根県の松江市営野球場で開催され中国大会に出場する。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内