地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島の日南キャンプに合流した佐々岡二軍投手コーチが来季優勝へのキーマン
2014年11月12日
編集部

広島の日南キャンプに合流した佐々岡二軍投手コーチが来季優勝へのキーマン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島の佐々岡真司新二軍投手コーチが宮崎・日南秋季キャンプに合流した。

予定された紅白戦では野村祐輔、大瀬良、一岡らのピッチングに目を光らせ、”初ブルペン”ではどうしても殻を破れないでいる福井や1年目のシーズンを終えた九里にアドバイスを送った。

佐々岡二軍投手コーチは明るいキャラクターで知られ、しかも現役時代には100勝100セーブ超えをやってのけたスーパー右腕でもある。

社会人入団なので緒方監督より”カープ歴”は浅いが年齢はひとつ上。しかも1991年の「カープ最後のリーグ優勝」の時のエースで、その時山本監督がつけていた背番号88を引き継いでの今回、現場復帰となった。

「佐々岡さんは理論派でいろいろ教えてもらいたいことがある」と緒方監督。ふたりはさっそくブルペンで長い時間をかけ意見交換し、個々の投手についての特性、課題などの面で共通認識を深めていた。

実は今季までチームを指揮していた野村監督の方は、佐々岡二軍投手コーチのひとつ年上。そして1991年のリーグ優勝は「打の野村、投の佐々岡」で力強くチームを引っ張った。

それなのに大野投手コーチから始まり、古沢投手コーチ、畝投手コーチと野村監督の5年間で投手コーチの入れ替えが頻繁に行われたが、とうとう佐々岡コーチの出番は訪れなかった。

野村監督はキャンプ初日のブルペンで投手コーチも見守る中、自ら若手投手に手取り足取り助言する指導法を取っていた。

緒方監督は「選手との対話」は重視するが「コーチ陣にももっともっと選手と話をするように!」と奨励している。

佐々岡二軍投手コーチのその明るさと、100勝100セーブの原動力となった「厳しさと技術力」は表裏一体の関係にある。

「野球は投手力を中心にしたディフェンス」と言い切る緒方監督と佐々岡二軍投手コーチの”コンビネーション”で広島の投手力に磨きがかかる可能性は大。この日、マツダスタジアムで契約を更改し、1000万円減の4000万円(金額は推定)と大幅カットを受け入れサインした今村ら、伸び悩む若手投手の再生にも、”佐々岡スマイル”は欠かせない。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内