地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 中田翔に大谷翔平、広島は敵地札幌で強敵相手に連勝なるか?
2014年06月03日
編集部

中田翔に大谷翔平、広島は敵地札幌で強敵相手に連勝なるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

交流戦4勝6敗の広島が札幌ドームで日本ハムとの2連戦を迎える。

このカードで交流戦1巡目が終了。連勝すれば勝率は5割に戻り、交流戦前に野村監督が掲げた「交流戦勝率5割以上」が見えてくる。

が…。

データを見ると1勝1敗でも御の字…かもしれない。仮に連敗すれば交流戦勝率5割以上はイッキに遠のいていくだろう。

昨年は大竹(現巨人)、前田健太、バリントン、野村祐輔の先発4本柱を立てながら4戦全敗だった。

しかもそのスコアは1-8(マツダ)、1-5(札幌)、2-3(同)、4-7(マツダ)で大量失点が目を引いた。

第1戦では大竹が初回、いきなり中田翔にスリーランを浴びた。

第2戦では前田も中田にソロを浴び1対1同点で迎えた八回には大谷翔平の二塁打からあれよあれよという間に4点を失った。

中田は現在18試合ノーアーチだが故郷の広島の”匂いと色”には敏感に反応する傾向?にある。

第4戦では松山が大谷に先制ソロを浴びせたが、肝心の野村が大谷への四球から3点を失い降板している。

それだけではない。

プロ野球解説者時代に自らパソコンを操り、データ分析など情報戦にも長けた栗山監督の戦術も試合の流れを大きく左右する。

第2戦で激突する可能性の高いマエケンvs二刀流大谷(※マエケンも実質上は二刀流)にばかり注目が集まっているが、今夜の第1戦の勝敗とその内容が、残り3試合の勝敗を左右することにもなりかねない。

日本ハム戦プロ初先発となる篠田対中田の行方が注目される。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内