地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 特別寄稿「交流戦の掟(おきて)2014」
2014年06月05日
編集部

特別寄稿「交流戦の掟(おきて)2014」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高コーチと話す野村監督
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

携帯サイト「田辺一球広島魂」連載コラムより「交流戦の掟2014(3)」

スマホ版 ikkyuu-t.com
通常携帯版 www.ikkyuu-t.info/i

交流戦の掟…。

一度、後手に回った者は短期決戦のサバイバルレースから脱落する。パ・リーグとの対戦1巡目最終戦。エース・マエケンを立てて臨んだ北の大地で、チームは日本ハムに連敗を喫しついに交流戦単独最下位に転落した。

戦前から大きな話題を呼んだ、二刀流・大谷とマエケンの投げ合いは初回、相手が日本人投手では二人目となる160キロを初回に叩きだした時点で勝敗を決していたと言っていい。

その球威に圧倒される攻撃陣は五回までに三振10個。スケールの違いを目の当たりにしたマエケンも、普段は決して見せない、球宴並みのフル回転投球で後先を考えないスタートになった。

二回にブラッドが大谷の変化球をレフトスタンドに運んだが、ソロでは試合の流れを引き寄せるまでには至らない。

迎えた五回、”ガス欠”気味のマエケンは5者連続タイムリーを浴びて5失点。茫然自失でベンチへ戻る姿は、ネット裏の一角に陣取ったレンジャーズ、レッドソックス、ドジャース、ブルージェイズのスカウト陣の目にも焼き付けられた。

5失点にはバックのミスが何度も絡んだ。そのきっかけとなったのが大谷の打ち上げたショート後方への飛球だったことも因縁めいていた。

だが「そこをしっかり抑えていれば、もうちょっと違う展開になっていた」とマエケン自身が振り返ったように、本来の“マエケンスタイル”であればこの日の勝敗はひっくり返っていた可能性が高い。

大谷は同点のホームに滑り込んだ際、右足首を捻挫してその後はアイシングなどの治療に専念した。そう、続投は難しい状況だったのである。

5者連続タイムリーは日本ハム・栗山監督の深い思案によって導きだされたものでもあった。

七番に大谷を入れて、前日4安打の捕手・市川を挟んで九番には二週間ぶりスタメンとなる左打ちの中島を組み込んだ。

西川、近藤まで左打者を並べたこの流れは、前回登板でも左打者に慎重過ぎるほどの投球を繰り返したマエケンのデータに関する「傾向と対策」の末に生まれた。

右打者の市川のバントで”ラッキー二塁打”の大谷が三進すると、続く中島は初球のストレートをレフト前に同点適時打した。

さらに西川が変化しない高めチェンジアップをセンター前に弾き返して日本ハムは勝ち越しに成功。近藤は147キロを低いライナーで逆方向へ打ち返し目測を誤ったブラッドの頭上を越える適時二塁打になった。

そのあとは右打者の陽岱鋼と中田が、それぞれスライダーとツーシームを右へ左へと打ち返した。日本ハムベンチがお祭り騒ぎになったのは言うまでもない。

野村カープが連勝できた唯一のパ・リーグ勢、西武はこの日、伊原監督の事実上の「退任」を発表した。その西武よりも交流戦順位が下の野村カープにとって”セ・リーグ首位”の看板は今や重荷にさえなろうとしている。

一発勝負、意地とプライドをかけての交流戦はチームの素顔を浮き彫りにする

昨年は交流戦で上位3チームに入った巨人と楽天の間で日本シリーズが争われた。一昨年は交流戦1、2位の巨人と日本ハムで日本一を決した。

交流戦最下位のチームが日本シリーズに出場した例はない。むろんリーグ優勝もない。

交流戦の掟。そう、一度、後手に回った者は短期決戦のサバイバルレースから脱落する。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内