地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > すっゴイ!対戦になりそう、打者マエケンvs投手大谷翔平
2014年06月04日
編集部

すっゴイ!対戦になりそう、打者マエケンvs投手大谷翔平

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

今夜、札幌ドームで広島の前田健太と日本ハムの大谷翔平が”打ち合う”。

昨年6月15日、同じ札幌ドームで先発した前田は「三番ライト・大谷」を三振、三振、中飛と抑えたあと1対1で迎えた八回、一死一塁から大谷に中越え二塁打を許し、そのあと4点を失った。

大谷はここまで8試合に先発して4勝1敗、防御率3・26。49回と3分の2で49奪三振と本格派右腕としての道を着々と歩んでいる。

と同時に、打っては33試合で打率2割7分8厘、2本塁打、14打点。しかも左投手との対戦打率2割3分1厘に対して右投手のそれは2割9分7厘。今夜もまたそのバットが快音を響かせる可能性は高い。

だが前田も負けてはいない。投手としての実績は、間違いなく日本球界ナンバーワン。その証拠にダルビッシュ、田中将大の後釜としてメジャースカウトの「マエケン詣で」が続いている。

バットの方でも「二刀流を(プロで)やりたい気持ちはあった」というだけあって昨シーズンはなんと「打点5」をマーク。ちょっときつい言い方になるが”味方が打たないなら自分で打って還す”、こちらも大谷並みの”マンガのような”キャラクターの持ち主だ。

そして今回、初めて実現する投手・大谷対打者・前田。ゲームの勝敗の行方を決めたのもこの対戦だった…、ということも十分ありえる。

…というのも今の広島打線は完全に下降モード。昨夜の80打席ぶりの一発で”確変モード”もありえる中田らを有する日本ハム打線を相手に、前田はスコアボードにゼロを並べつつ、打席では自分を相手にしているような右腕の、そのウイニングショットを打ち砕くことになる。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内