地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > マエケン温存で得意のヤクルト戦に臨んだ広島、苦手のライアン小川の前にゼロ行進
2014年07月21日
編集部

マエケン温存で得意のヤクルト戦に臨んだ広島、苦手のライアン小川の前にゼロ行進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島は、阪神、巨人の上位チーム追撃のため前田健太を温存、後半戦初戦に野村祐輔を立て最下位ヤクルトとの球宴明け初戦に必勝を期したが2対3の惜敗を喫した。

悔やんでも悔やみきれないのが二回の守り。森岡には右中間を破られて先制点を献上した野村は続く岩村を打ちとったかに思えたが、セカンドの菊池がタイムリーエラー。さらに山田の中越え二塁打で岩村に3点目のホームを踏まれ序盤で試合の流れを手放した。

とはいえその後の野村は立ち直り三回以降はノーヒットピッチング。しかし球宴で大活だった頼みの打線がヤクルト先発・小川の前に”不発”。4度あった得点機をことごとく封じられ七回までに毎回の9三振を喫した。

八回、ヤクルト二番手のカーペンターからエルドレッドが30号の大台に乗せるツーランをバックスクリーン左に運んで2対3としたが反撃もここまで。前半戦10試合で7勝3敗とお得意さんだったヤクルトに足元をすくわれたかっこうになった。

逆に三回以降ノーヒットのヤクルトは、8安打の広島の半分の4安打で後半の開幕戦をモノにした。

なお、小川は4月11日以来の白星で4勝目。ルーキーイヤーの昨年は16勝のうちの5勝を広島戦で荒稼ぎしており、右手骨折の治療、リハビリを経ての復活をファンに告げる場として、3万750人で超満員となった神宮の広島戦は最適だった、ということになる。

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内