地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 楽天生命パーク、雨中のセ・パ首位決戦、楽天”必殺”スクイズ足元救われ広島の連敗3で止まる
2019年06月16日
編集部

楽天生命パーク、雨中のセ・パ首位決戦、楽天”必殺”スクイズ足元救われ広島の連敗3で止まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

6月16日 ○4-2楽天、楽天生命パーク仙台
通算36勝27敗2分け(2位巨人に0・5差の首位、交流戦単独最下位)
18時開始・3時間44分・2万7234人
相手先発 岸7回7安打3失点
本塁打 なし
登録抹消 薮田(15日)
出場登録 高橋大

一番センター長野
二番セカンド菊池涼
三番レフト西川
四番ライト鈴木
五番DH会澤
六番サード安部
七番ファーストバティスタ
八番ショート田中広
九番キャッチャー石原
ピッチャージョンソン○6回107球3安打2失点(自責2)

何度もマウンドやグラウンドに砂を入れながらの3時間44分、雨中の両リーグ首位対決は広島に軍配が上がった。

試合前の広島は35勝27敗2分けで2位・巨人に0・5差。

楽天も35勝27敗1分けで2位・日本ハムに0・5差…

先日の試合を雨で流し、広島はジョンソン、楽天は岸がスライド。

ジョンソンは2回2失点、岸も2失点で七回のマウンドに上がったが、ここで先頭の高橋大を歩かせたことで自ら試合の流れを手放した。二死二塁となって打席には「三番・西川」。地面スレスレのチェンジアップは西川得意の”テニス打ち”によってレフト前適時打になった。

この日、一軍に昇格したばかりの高橋大はウエスタン・リーグで打率3割2分台、3ホーマー。データを気にし過ぎたのか高橋大への全5球のうち2球はショートバウンドになり、しかも全球変化球だった。

楽天は八回、広島3番手のレグナルトから無死一、三塁のチャンスを築き、ブラッシュ空振り三振のあと、素ぶりしながら打席に入った銀次が初球セーフティスクイズ。これが一塁寄りの小飛球となり、三走の島内は一度止まって、打球が落ちたのを確認して再スタート!とはならず、足元が滑って挟殺された。

前回、岸が先発した8日の中日戦(ナゴヤドーム)。楽天はやはり七回一死三塁で小郷がスクイズを決めて1点勝ち越し、岸は2勝目を挙げたが、ホームゲームで地の利に恵まれず、勝てたかもしれない試合を落とした。

なお、広島はこの日、4月末から三番に固定していたバティスタを七番に下げ、5月に入って五番を打ち続けていた西川を三番へ、五番にDH会澤を入れる”荒療治”を行い、チームの連敗を3で止めた。全打点は三、五、七番によるもので、さらに交流戦初の2桁安打となった。(ひろスポ!・田辺一球)

新年度年会費キャッシュバック!!
JCBカープカードでいつも応援気分!
JBC
詳しい内容及びお申込みはこちら

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内