地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 春季中国大会開幕、優勝は投打のバランスに優れた如水館か、6年ぶり県大会優勝の広陵か
2014年05月31日
編集部

春季中国大会開幕、優勝は投打のバランスに優れた如水館か、6年ぶり県大会優勝の広陵か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

打撃練習する如水館、中軸メンバー

地力ある如水館、広陵を軸に中国大会開幕-

春の高校野球中国大会がきょうから6月2日までの予定で開催される。会場は三次きんさいスタジアム。出場校は開催地の広島から4校、他の中国4県から1校。

広島大会で6年ぶりに優勝した広陵は午前11時20分からの第2試合で鳥取西と対戦予定。

広島大会3位で投打のバランスに優れる如水館は午後4時からの第4試合で岩国商業と対戦する。

手堅い守りに定評のある市立呉は9時からの1回戦で関西(岡山)と対戦。

広島大会決勝で広陵に7対0、完封負けを喫した広島工業は、広陵との再戦を目指し1回戦第3試合(午後1時40分から予定)で開星(島根)とあたる。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内