地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 巨人越え、太平洋へと泳ぎだす、ひろスポ!スケッチ・田中聡作品展(#8)
2014年05月18日
編集部

巨人越え、太平洋へと泳ぎだす、ひろスポ!スケッチ・田中聡作品展(#8)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田中聡さんイラスト、いざ交流戦へ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

田中聡(たなか・さとし)
専門学校・美術予備校で講師をするかたわら、広島を中心にイラストレーターとしても活動中。カープやサンフレッチェのイラストを中心に、日々のあれこれをブログに掲載しています。
tnksts.jugem.jp

野村監督就任から昨年までの4年間、巨人との対戦成績のトータルでは28勝63敗5分、勝率にすればわずかに3割8厘と大きく負け越していました。

年度別の数字は次のとおりです。

2010年 6勝18敗0分 勝率・250 得点110  失点154
2011年  6勝16敗2分    勝率・273 得点61       失点91
2012年 8勝15敗1分 勝率・348 得点49    失点85
2013年 8勝14敗2分 勝率・364 得点84    失点89

2014 年 5勝4敗0分 勝率・556 得点40    失点34

打倒巨人、この勢いで…

まだ半分にも届かない9試合を消化(巨人とは24試合)した時点で2012年の49得点に迫る40得点を挙げ、失点を得点が上回っているのも今季が初めてです。

東京ドームでの3連戦を勝ち越したのも4年ぶりのことです。

苦手意識を払しょくするのは容易ではありませんが、野村監督以下、カープナインはここまでリーグ優勝に向け最大の課題だった「対巨人戦」でも成果を挙げつつあります。

さあ、次は野村カープが同じく課題としてきた交流戦です。

交流戦、カギを握る攻撃陣

昨季は12球団最低のチーム打率と最少得点に攻撃陣が封じられて11勝13敗の8位に終わりました。

ちなみに交流戦の1位がソフトバンクで2位が楽天、3位が巨人。

今回の交流戦はいきなり前回の”王者”との対戦になります。

交流戦ベスト3に入れば日本シリーズ出場の可能性も高いようです。

五月のスタジアムを元気に泳ぎ回ったコイの群れが、大海原へと進んでいきます。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内