地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 40分間相手にリードされて、うちがリードしたのは最後0秒だけ、奇跡の扉を開けた広島ドラゴンフライズ・田中成也のタフショット…川風の街、七色の光#23
2018年12月31日
編集部編集部

40分間相手にリードされて、うちがリードしたのは最後0秒だけ、奇跡の扉を開けた広島ドラゴンフライズ・田中成也のタフショット…川風の街、七色の光#23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青森ワッツ
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • レッドヘル

トップ画像は最終クォーター、残り0秒で、最後のショットを見守る田中成也(左から2番目)ら

 

川風の街、広島の、2018年の終わり、

平成最後の大晦日

その、タフショットは、奇跡への扉…

NHKBSで「ロストフの14秒」がオンエアされたばかり。でも、まさかこれほどの結末は…。この日の出来事は、チームに、広島の街に、その人々に、この先、どんな笑顔を届けてくれるでしょうか。

前日のGAME1。広島ドラゴンフライズ圧勝。ブースターの熱気にも圧倒された、と相手の指揮官。

ところが、この日は入りから違っていました。相手のキーマン、カレン・ルッソ選手が一番うまく動けるように、回りが絶妙の距離感で離合集散、あれよあれよで第3クォーター終了。その時点で57-74。カレン・ルッソ選手は31得点。

最終クォーターへ。

反撃開始!残り7:44で64-74、青森ワッツ、たまらずここでタイムを取ります。

そして相手も必死の反撃を試みる中、もうこのタイミングしかないという時に、そのタフショットが飛び出します。

打ったのは田中成也選手

田中成也

この体勢とこの角度

でも…

田中成也

その静かな背中の向こうで、ベンチとスタンドが歓喜、しています。

残り5:04、72-74になりました。

これで勝った、という瞬間が、どんな競技にもあります。それは、起こることのないはずのことが起こった時

広島の、日本のスポーツも、そうやって100年間以上の時を刻んできました。

残り3:42、76-76

そのあと、78-78、82-82で残り0:45

残り0:04から、朝山正悟選手のショット

朝山正悟

これがリングに嫌われて、アリーナはもう極限状態、スタンド騒然

で、とうとう…

青森ワッツ

広島ドラゴンフライズここでタイムアウト

青森ワッツ

そして…

青森ワッツ
激戦過ぎて画像もブレ気味、右端に青森ワッツの北谷稔行ヘッドコーチ

残時計はもうゼロ。

でも、坂井レオ選手がファウルを取ってフリースロー2本が残りました。

試合後、尺野将太ヘッドコーチは言いました。

40分間相手にリードされて、うちがリードしたのは最後0秒だけっていう…と。

坂井レオ

残り0秒でのフリースロー初体験の坂井レオ選手は、不思議とポジティブなイメージしかなかったと言います。

青森ワッツ
この画像の右下、身を乗り出すようにしてフリースローの行方を見守る田中成也の姿が…

1本目、この放物線が決まって2018年、広島スポーツのラストシーンはこの1枚になりました。

田中成也選手には、もう敢えて何も聞きませんでした。

このチームが誕生した時から、大きな夢を持って戦い続けることの価値と、たいへんさ困難さを、前回も聞かせてもらっているからです。

もちろん、このドラマには続きがあります。

スポーツでもっと幸せな広島へ

2019年、またたくさんの感動と興奮に出遭えますように…

 

B1昇格目指す広島ドラゴンフライズ、最後の一期生・田中成也の1年と5年と10年と…川風の街、七色の光#22(2018年9月18日掲載)
hirospo.com/pickup/49697.html

 

残り1分、田中成也逆転3P、4131人大入りのアリーナが沸き上がり、広島ドラゴンフライズ連敗ストップ(2018年12月8日掲載)
hirospo.com/pickup/51991.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内