地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サンフレッチェ広島vsチェンライ・ユナイテッド、野津田岳人vsシワコーン…広島広域公園陸上競技場で2月19日シーズンの幕上がる
2019年02月18日
編集部

サンフレッチェ広島vsチェンライ・ユナイテッド、野津田岳人vsシワコーン…広島広域公園陸上競技場で2月19日シーズンの幕上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ACL
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

公式会見に臨むサンフレッチェ広島の城福浩監督(左)と野津田岳人(トップ画像説明)

 

サンフレッチェ広島は2月19日、シーズン開幕戦を”アジアの舞台”で迎える。

明治安田生命J1リーグの開幕は2月22日。サンフレッチェ広島の開幕戦は2月23日(土)のホームゲーム、清水エスパルス戦。だが、その3日前にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)本戦出場を懸けた一発勝負、プレーオフに臨む。相手は昨季、タイでカップ戦二冠のチェンライ・ユナイテッド。キックオフは午後7時。

サンフレッチェ広島は昨季、最終節の北海道コンサドーレ札幌戦(12月1日、札幌ドーム)で0-2から引き分けに持ち込み、このACLへの挑戦権を手に入れた。この試合に負けていればACL枠は北の大地に置いて帰るハメになっていた。

サンフレッチェ広島の城福浩監督は、あのアウェーでの厳しい戦いで前半21分、0-2にされてからのチームの底力に光を見出した。一時、リーグ戦首位を快走したにもかかわらず、6連敗でこの最終節を迎えた。0-2のままと、2-2ではチームの未来を見据えた場合、まさに天と地だったのである。

それから2カ月半でサンフレッチェ広島がどう変わったか、変っていくのか?

その初戦は大きなプレッシャーとの戦いにもなる。チェンライ・ユナイテッドは2011年から国内トップリーグに参加する歴史の浅いクラブながら、新スタジアムの完成と合わせてわずかの間にビッグクラブへと変貌を遂げた。

だが、絶対に負けられない。過去のACLプレーオフにおいて、敗れ去ったJリーグ勢は皆無である。

勝って当然、負ければ手元には何も残らない。しかもシーズン幕開けを告げるホームゲーム。コンディション不良の選手を多く抱える中で城福浩監督がどんなメンバーにこの初戦を託すのか?

サンフレッチェ広島、チェンライ・ユナイテッドともに本番前日(2月18日)にはそのピッチで最終調整を行い、合わせて監督と選手1名が公式会見で抱負などを語った。

ACL観戦情報
AFCチャンピオンズリーグ2019プレーオフ、チェンライ・ユナイテッド戦、当日券特別割引『駆けつけ割!』
www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=12774

ACL
午後7時前、スタジアム入りするチェンライ・ユナイテッドの選手たち、本番の時間帯に合わせてピッチに立つ

サンフレッチェ広島・城福浩監督の話

もちろんあしたのプレーオフは、我々は絶対に勝ち抜かなければいけないと思っています。が、相手の分析をすればするほど、簡単な試合ではないと意識しています。特にセットプレーの精度の高さ。前線の選手のクオリティ。それを考えたらセットプレーの数を与えれば与えるほど、失点の可能性も広がっていくと思うので、まずは不要なファウルをしないこと。しっかり集中すること。

(この日の非公開練習では)セットプレーに関して、あいたの勝敗のキーになると思うので攻守両方とも確認しました。あとは、あしたの(雨予報の)コンディションも考えながら身体を動かすこともやりました。アクシデントも起こりやすいので細心の注意を払っていかないといけない。もうひとつは、ボールを動かしやすくなることで今志向しているサッカーを具現化しやすくなると思っているのでスリッピーなグラウンドをうまく使いたい。

(メンバー選考については)けが人が出たことはすごく残念ですが、それ以外のメンバーは全員、いいコンディションに持っていったなと。だからこそメンバー選考は非常に苦労しました。プレーシーズンでやってきて、各々の選手の特徴、組み合わせ。先ずは固い守備を敷きながら勝負にこだわりながら積み上げていく攻撃のところを考えて、揃ってきたコンディションの中でも高いレベルのコンディションを保っている選手たちを最優先にその中で組み合わせを考え、ポジションのタスク、個人の特徴を考え最終的なメンバーを決めました。

ACL
「絶対に勝ち抜かなければ…」と話す城福浩監督

 

野津田岳人の話

とても難しい試合になると思います。やっぱり一発勝負なので何が起こるか分からない。でも自分たちはこの試合に必ず勝って、ACLに出たいという気持ちを強く持って戦いたい。相手の強さ、相手のことを気にし過ぎず、自分たちらしく戦うこともしながら、相手のセットプレーや一発という部分に気をつけて必ず勝って突破したいと思います。

個人的には3年ぶりにこの広島に、サンフレッチェに戻ってきてプレーするということで自分としてもすごく楽しみですし、早く試合がしたい気持ちが強いです。こうやってホームスタジアムのピッチに立って懐かしい気持ちと、ここでまたできる喜びを感じたのであしたは試合の中で、またここでできるという部分を楽しんで…そしてACLの舞台はほんとに今まで自分が経験してきてすごく難しい舞台だなということを感じたので、必ず勝つということにこだわって、ACL本戦で今まで広島が戦った以上の舞台に行きたいと思います。

ACL
3年ぶりに立つホームのピッチでの勝利を誓う野津田岳人

チェンライ・ユナイテッドMFシワコーン・ティアトラクレの話

あすはいい試合がしたい。我々はタイを代表するチーム。あすのステージは我々にとっては(昨年に続く)2回目なので、いい歴史を作ることを願っています。90パーセントは去年から一緒にやってきた仲間たちでお互いのことがよく分かっている。明日の試合、うまくいくことを信じている。

ACL
チェンライ・ユナイテッドの攻撃のキーマン、MFシワコーン、左胸にはカブトムシのエンブレム、ちなみにタイ国内ではカブトムシ、クワガタの屋台が日常風景となっている。買われて行ったカブトムシは子どもたちの手によって”戦いの日々”に明け暮れる…

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内