地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 「隠ぺい」はまだあるのではないか?証拠品8,572万円盗まれた広島中央署、今さら「警官関与か」報道、しかもすでに「死亡」
2019年02月21日
編集部編集部

「隠ぺい」はまだあるのではないか?証拠品8,572万円盗まれた広島中央署、今さら「警官関与か」報道、しかもすでに「死亡」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県警
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • クヌギ

8,572万円の盗難が発覚から半年後の2017年11月7日、広島中央署から目と鼻の先にある広島城で「二人組がベンチにいた男を殴るなどして財布などを奪い逃走」する事件が発生。”そこまでやるか”というほどの大量の車両(確認できるだけで15台とバイク多数)と警官が投入されたが、どこか冷めた目で見てしまうのが今の広島市民感情だ(トップ画像説明)

 

中央署盗難 警官関与か
事件後死亡 多額借金
広島県警 書類送検へ調整

2019年2月21日付、中国新聞一面の見出し、である。

広島県警は「関与か」と疑われる「警官」の「死亡」について一切、報じてこなかった。

広島中央署で8,572万円の盗難が発覚したのは2017年5月8日だ。

「死亡」はそのあと、そう遠くない9月だ。

2017年6月、「入退院を繰り返す」(報道関係者)この「警官」の自宅などを、メディアは張り込んだ。

家族は妻のみ。「死亡」したのは「家」。

「警官」は「35歳ぐらい」(報道関係者)。「病死」とも言われているが不自然極まりない。

2019年2月21日の中国新聞一面には「家で死亡しているのが見つかった」という表現になっているが、当然、広島県警はそららすべての詳細を明らかにする義務を負う。

共犯者がいて何食わぬ顔で署内にいたりする可能性もある。誰かに指示されて犯行に及ぶ、ということも考えられる。気に食わない上司がいたので困らせてやろうと思って犯行に及んだ、との新聞記事もある。

なんせ8,572万円だ。金額が太すぎる。借金があった、とやたら報道されているがそれがいくらだったかはどこも報じていない。巨額の盗難。その行方をぜんぜん明らかにしないまま幕引きなどありえない。

盗難のあった金庫のあった会計課に「警官の愛人がいた」とする関係者もいる。確かに会計課には落し物取り扱いに対応する女性が1人以上はいる。ぜんぜん自慢にならないが、実際に「落し物」で広島中央署お世話になったこともある。丁寧に対応していただいた。地方の窓口では委託された女性担当者が対応するケースもあるが、これもまた丁寧だった…(話を戻す)

10月7日には中国新聞がこの「死亡」について記事にしている。一連の動きはとっくの昔に週刊ポストが書いている。

NEWSポストセブン
広島中央署8500万円盗難事件 30代捜査員の「謎の死」(2017年10月18日)
www.news-postseven.com/archives/20171018_621535.html

…で、ひろスポ!でもそのことも含めて2018年6月4日には以下の記事をアップしている。

松井市長・湯崎知事は、サッカースタジアム大遅延の責任をどうとるのか?(Ⅱ)8,572万円盗難されっぱなしの広島中央署もしかり、国際平和都市にはほど遠い広島と「アイヒマンとスポーツ組織」
hirospo.com/pickup/47720.html

この記事では広島のサッカースタジアムの現状について、その実態をぼやかしつつも形に残しながら、国際平和都市広島の現状について憂慮した。記事のキーワードのひとつは「隠ぺい」だ。広島のサッカースタジアム問題においても「隠ぺい」の末、いたずらに失われた時間は戻らない。その責任は松井市長、湯崎知事の双方にある。

2019年2月21日に配信されたデイリースポーツの…

広島中央署8572万円盗難事件で元警察官に容疑報道「順序が逆」小川泰平氏が指摘
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000091-dal-ent

…の記事の中でもやはり「隠ぺいしようとしていた」との指摘がある。

盗難発覚からここに至るまでの過程で、広島県警への信用度は地に落ちた。

時間は戻らない。

どんなに取り繕っても広島県民を欺いたことには変わりない。

「隠ぺい」が続く限り、事件が起こっても警察は信頼できない。自己完結するしかない。

悲しい広島県、である。

ひろスタ!特命取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

関連記事RELATED ENTRY

有料メルマガ配信案内