地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 原巨人と菅野を返り討ち、丸から三振4つの大瀬良堂々の開幕戦勝利!
2019年03月29日
編集部編集部

原巨人と菅野を返り討ち、丸から三振4つの大瀬良堂々の開幕戦勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大瀬良
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • クヌギ

2019開幕戦スコアボードに大瀬良…(トップ画像)

3月29日 ○5-0巨人、マツダスタジアム
通算1勝
18時01分開始・3時間3分、3万1700人
相手先発 菅野●7回、4安打1失点(自責1)
本塁打 安部1号①

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番レフト西川
四番ライト鈴木
五番ファースト松山
六番センター野間
七番キャッチャー會澤
八番サード安部
九番ピッチャー大瀬良○8回124球7安打無失点
中崎

3年連続で沢村賞を狙う菅野、その菅野の背中を追いかける大瀬良は6年目で初の開幕投手。そして原・巨人は一番・吉川尚、二番・坂本勇、三番・丸…

注目の開幕戦は丸との4度の対戦で4つの三振を奪うなど、11奪三振を数えた大瀬良のひとり舞台となった。

大瀬良と丸の対戦は、開幕戦の展開に大きな影響を与えた。

初回、先頭の吉川尚に内野安打を許した大瀬良は一死一塁で、リーグ3連覇をともに喜んだ丸と対峙…カットボールでハーフスイングさせると、安部のソロで先制点をもらった直後の四回には先頭バッター丸をアウトハイのカットボールで見逃し三振に仕留めた。

六回には丸、岡本、陽のクリーンアップを連続三振に取って大きな拍手とどよめきが満員のスタンドに交錯した。

七回までで大瀬良107球。一方の菅野も四回以降は内野安打1本で粘りのピッチング。

八回の巨人は菅野に代打・阿部を送り、続投の大瀬良、これを遊ゴロに打ち取る。しかし、吉川尚、坂本勇に連打され一、二塁。が、ここでも今度は真っ直ぐで丸から見逃し三振を奪い、岡本も空振り三振でピンチ脱出。その裏、広島打線が巨人二番手の大江と救援した宮国を攻略、4点を加えて勝負を決めた。(ひろスポ!・田辺一球)

ひろスポ!関連記事
新井貴浩さん引退セレモニー、そしてカープ4連覇のシーズン開幕!楽しい春休みお近くの歯医者さんへ…本山智得の元気な広島っ子!#31
hirospo.com/pickup/55275.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内