地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 昨季5連敗スタートのナゴヤドームで広島苦戦、先発の岡田は最速154キロもソロ2発被弾
2019年04月04日
編集部編集部

昨季5連敗スタートのナゴヤドームで広島苦戦、先発の岡田は最速154キロもソロ2発被弾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナゴヤドーム
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • クヌギ

4月4日 ●2-3中日、ナゴヤドーム
通算2勝4敗(阪神とともに5位)
18時開始・3時間16分、2万7380人
相手先発 ロメロ○6回無失点
本塁打 なし
出場登録 岡田
登録抹消 船越

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番センター野間
四番ライト鈴木
五番ファーストバティスタ
六番レフト長野
七番サード小窪
八番キャッチャー会澤
九番ピッチャー岡田●5回3分の2、101球6安打3失点(自責3)
中田
レグナルト

先発の岡田は最速154キロの真っ直ぐを主体に”奮投”したが、六回二死二、三塁から堂上に四球を与えたところで交代を告げられた。二回には一死から福田に、六回には先頭の京田にソロを許した。ともにストレートが甘く入ったところを痛打された。

打線は来日初先発の中日・ロメロの前に6回で3安打止まり。内訳は野間2安打と長野。四球で塁に出たのも鈴木と岡田の2回だけ。いい当たりが正面を突く場面もあった。

七回は中日二番手の又吉から代打・安部のヒットで一死一塁としたが会澤の代打・松山は投ゴロ併殺に終わった。

九回は中日抑えの鈴木博を攻め2点を返してなお二死三塁。期待を背負って代打出場した西川は左飛に倒れた。

広島の開幕2カード連続負け越しは2013年以来で緒方監督の下では初めて。昨季の広島はナゴヤドーム5連敗スタートとなりトータルでも3勝9敗。(ひろスポ!・田辺一球)

ひろスポ!関連記事
ドラワン塾の八期生が元気に卒塾、次はみなさんがプロ野球の夢を追いかける番…春休み無料体験レッスン(2019年4月3日掲載)
hirospo.com/pickup/55472.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内