地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島ドラゴンフライズ5連勝!前半劣勢29点差から最終クォーター35得点!!山田亜斗奮闘続く
2019年11月10日
編集部

広島ドラゴンフライズ5連勝!前半劣勢29点差から最終クォーター35得点!!山田亜斗奮闘続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山田亜斗夢
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

山田亜斗夢(画像左端)奮起!

 

広島ドラゴンフライズは11月10日、茨城県水戸市のアダストリアみとアリーナでB2第9節GAME2 に臨み、茨城ロボッツ戦に80-78のスコアで連勝した。

前日のGAME1 も88-86…際どいゲームを2つとも取って通算での連勝を5に伸ばした。

スターターに小澤智将、山田亜斗夢を投入してのGAME2は文字通り、後半勝負になった。

24-43で迎えた第3クォーター、ジャマリ・トレイラー、グレゴリー・エチェニケで反撃機をうかがい、小澤智将の3Pも絡めて攻守のリズムを立て直す。残り1分49秒の37-56から岡本飛龍の3P、ファストブレイクからの朝山正悟とフリースロー、グレゴリー・エチェニケのレイアップで得点を重ね45-58で最終クォーターへ。

じわじわと点差を詰めて残り3分14秒でジャマリ・トレイラーが決めて67-70。残り2分18秒でもジャマリ・トレイラーがねじ込みついに72-71。そこからはクロスゲーム、そして残り12秒でグレゴリー・エチェニケ、これで78-76。茨城ロボッツタイムアウトを挟み、残り8秒で山田亜斗夢が止めのレイアップを流し込んだ。

山田亜斗夢のプレータイムはジャマリ・トレイラーの38分6秒に次ぐ37分58秒。古野拓巳に続いてこの日は田中成也もコートに立てない非常事態となったが、全員でカバーした。

広島ドラゴンフライズ 80-78 茨城ロボッツ
1Q:12-20
2Q:12-23
3Q:21-15
4Q:35-20
入場者数:1,703人

【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#2朝山正悟、#8グレゴリー・エチェニケ、#9小澤智将、#32山田亜斗夢

茨城:#6小林大祐、#12ジャーラ志多斗、#25平尾充庸、#27眞庭城聖、#32ダニエル・オチェフ

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#0ジャマリ・トレイラー25点
#8グレゴリー・エチェニケ22点
#9小澤智将12点
◆リバウンド
#8グレゴリー・エチェニケ13リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー12リバウンド
◆アシスト
#0ジャマリ・トレイラー7アシスト

茨城ロボッツ
◆得点
#2福澤晃平24点
#6小林大祐17点
#32ダニエル・オチェフ14点
◆リバウンド
#32ダニエル・オチェフ11リバウンド
◆アシスト
#6小林大祐8アシスト

広島ドラゴンフライズ、堀田剛司ヘッドコーチの話
前半は良いオフェンス、ディフェンスができず19点差で折り返した。ハーフタイムにカード陣に前からプレッシャーをかけること、速いオフェンスを伝えそれを選手が遂行してくれた。エナジーがあり凄くいい後半だった。良いオフェンスからの良いディフェンスが勝利の鍵かなと思う。

山田亜斗夢の話
前半重たい展開で点差が離れた中で後半はやりきるしかないと、自分たちができることをやった。前半のだけ見たら負けゲームだったがそれをどこまで修正できるか、自分の中では追いつき逆転する気持ちがあった。自分たちが今後のゲームにどうやって繋げられるか考えれた。

岡本飛龍の話
怪我人だったりアクシデントがある中で一人一人がステップアップしていかなければならない状況だった。責任を持って最後まで全員で戦えたかなと思う。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内