地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > スタンドに並ぶ坊やビニール人形効果なし?大瀬良、ジョンソンに続いて森下も勝てずマツダスタジアムで苦戦が続く
2020年07月09日
編集部

スタンドに並ぶ坊やビニール人形効果なし?大瀬良、ジョンソンに続いて森下も勝てずマツダスタジアムで苦戦が続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダスタジアム
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は雨のマツダスタジアム

 

7月9日 ●1-5DeNA、マツダスタジアム
通算6勝8敗1分け(首位巨人に3・5差の4位変わらず)
18時開始・3時間45分、無観客
相手先発 井納〇6回4安打1失点(自責1)
本塁打 -

一番レフトピレラ
二番セカンド菊池涼
三番センター西川
四番ライト鈴木誠
五番ファースト松山
六番キャッチャー曾澤
七番サード堂林
八番ショート田中
九番ピッチャー森下●(3試合1勝1敗)5回122球8安打2失点(自責2)
高橋樹也
フランスア
中崎
薮田
島内

前回、完投まであとワンアウトとなって降板した森下が中10日で、今にも雨が降り出しそうなマウンドへ。

結果は途中、再三の強い雨にも”襲われ”て5回で被安打8。プロ3度目の登板、本拠地公式戦初先発で初黒星となった。

開幕第3戦で出番の回ってきた森下は、横浜スタジアムでDeNA打線を6回4安打無失点に封じた。(試合はサヨナラ負けで勝ちはつかず)

が、2度目の対戦は甘くなかった。

初回だけで36球も投げさせられ、二死無走者からの4連打で2点を失った。

鋭くそしてコンパクトに当ててくるため、ファウルで粘られる場面が非常に目立った。全体的に球は高め。二回以降、点を与えなかったものの5回で122球…

前回、登板のあとには「完封」についてインタビューでコメントを求められ「次はやりたいと思います」と答えてえていた。が、やはり2度、3度と当たる中でそうそう簡単にやりたいことをやらせてはくれない。

それにしても無観客のマツダスタジアム、そのスタンドに並べられたおよそ5000個の坊やビニール人形の力では、やはりどうにもならないのか?

だいたい、カープファンの間でも「なぜ?椅子と同色のそれを飾っている?」と疑問の声が上がっている。

地元開幕を演出するなら他球団のようにファンの存在を象徴するべきものがベターだろう。ましてや球団創設70周年だ。ずっと応援し続けるシニア層への感謝も示さないといけない。

初采配となる佐々岡監督の下で、ロードを5勝5敗1分けで乗り切り本拠地に戻ってきたのに、結果は1勝3敗。借金2で再びロードに出ることになった。しかも堂林の満塁弾がなければ3連敗だった可能性が高い。

けっきょく大瀬良、K・ジョンソン、森下の3枚看板を投入しながら、先発に1勝もつかなかった。

さらに、この日、オースティンに2ランを許すなどして棒球の目立った中崎には再び、二軍調整を告げる事態となった。

投手陣全体が浮足立つ中、チーム防御率は4点台で巨人、DeNAの1、2位ライバルチームに大きく水をあけられつつある。

セ打撃10傑1位の堂林と3位の鈴木誠で二段構えの打線も一、二番の出塁が少ないことなでによってその効果がこのところ限定的となっている。チームの総得点64、総失点65で得失点差マイナス1…踏ん張りどころがまだしばらく続きそうだ。(ひろスポ!・田辺一球)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内