地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 「4点差で最終回へ」なら満塁ホームランでもまだ負けないのに…2年ぶりセーブの一岡一夜で暗転、それにしてもI☆YOKOHAMAビッグフラッグ効果満点…
2020年07月24日
編集部

「4点差で最終回へ」なら満塁ホームランでもまだ負けないのに…2年ぶりセーブの一岡一夜で暗転、それにしてもI☆YOKOHAMAビッグフラッグ効果満点…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜スタジアム
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は横浜スタジアム

 

7月24日 ●6-9xDeNA 横浜スタジアム
通算10勝15敗3分け(首位巨人に7・5差の5位変わらず)
18時開始・3時間30分、4,989人
相手先発 上茶谷6回9安打4失点
本塁打 ピレラ5号②
登録 大盛
抹消 メヒア

 

一番センター西川
二番セカンド菊池
三番サード堂林
四番ライト鈴木誠
五番ファースト松山
六番レフトピレラ
七番キャッチャー曾澤
八番ショート田中広
九番ピッチャー大瀬良2回33球4安打2失点(自責2)
ケムナ
薮田
フランスア
塹江
一岡●(6試合1敗1S)

最初にマウンドに上がった時から体調が悪そうだった大瀬良は2回で降板。

緊急登板のケムナが自己最長の3回を1失点で乗り切ったが、八回、2点を加ええて6対3とした直後に5人めの塹江がロペスにソロを打たれたのがふたつめの誤算。

さらに九回の攻撃で無死一、二塁のチャンスを曾澤のバント失敗などで得点に結びつけられなかったのが3つめの誤算。

止めとなったのは前日、2年ぶりにセーブをマークした一岡。先頭の柴田にぶつけて球筋が暴れ出し、一死満塁から佐野にサヨナラ満塁弾を許した。

しかしすでに「4点差で最終回へ」が確認事項であり、持ち回り暫定制となった抑えに失敗したからと言って一岡を攻めることはできない。

それにしても早やサヨナラ負け4度。開幕第3戦に続いて横浜スタジアムでは2度目。あとは神宮球場とナゴヤドーム。これじゃ広島首脳陣でなくてもロード恐怖症になりそうだ。

それでもロードはまだ8勝8敗と健闘中。2勝7敗のマツダスタジアムでは、別の恐怖?に頭を悩ませるている。

それでもこの日の広島打線は16安打。セ・リーグ打率トップにふさわしい手数は打っている。ただし「4点差」にこだわるなら、まだまだ…

対するDeNA打線もチーム打率、チーム総得ともは広島と拮抗している。

互いにベンチでは赤と青のマスク着用。

赤コーナー、青コーナーのパンチの応酬が続きそうな気配が、ベイスターズファンの笑顔をモザイクアートにしたI☆YOKOHAMAビッグフラッグが見つめるハマスタのリングに漂っている。(ひろスポ!・田辺一球)

追記:佐野の逆転サヨナラ満塁5号ホームランは、DeNA球団が「横浜を愛する皆さまと球団・球場が共に取り組む”まちづくり”プロジェクト」として実施するI☆YOKOHAMAビッグフラッグに吸い寄せられたようにも見えた。今のマツダスタジアムにはそうした発想が、ない…

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内