地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 速報 > 宗山、渡部の三・四番が打線を引っ張る広陵が1年生バッテリーの崇徳に快勝、広島観音は無念コールド負け
2020年07月25日
編集部

宗山、渡部の三・四番が打線を引っ張る広陵が1年生バッテリーの崇徳に快勝、広島観音は無念コールド負け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

夏季広島県高校野球大会(広島県高校野球連盟主催)第5日は7月25日、県内3会場で3回戦8試合を行った。

三次きんさいスタジアム第1試合では広陵が崇徳に8-2(大会規定により七回終了)で快勝した。

崇徳は1回戦で賀茂に10-2コールド勝ち。2回戦は尾道北に9-2コールド勝ち。バラエティに富む投手陣で快調に勝ち上がり、この日は尾道北戦に続いて1年生の安野にスタメンマスクをかぶらせた。さらに先発も含めて1年生投手3人を投入した。

初回に両チーム2点ずつを奪ったあと崇徳バッテリーは二回の二死ニ、三塁、三回の同じく二死ニ、三塁、四回の二死二塁をよくしのいだ。

五回の無死満塁のピンチもホームゲッツーで二死一、三塁としたが七番加藤にレフトスタンドへ運ばれ勝ち越されると、六回にも広陵打線の勢いを止めることができず3点を失い勝負あり、となった。

広陵打線は13安打。四番渡部はいずれも変化球を自分のポイントに引き付けて三塁打2本を含む3安打。2安打した三番の宗山主将とともに打線をけん引した。

投げては、2回戦の市立呉戦に続いて先発した工藤が二回から六回までを内野安打1本と1四球に抑えた。

 

三次の第2試合は昨夏ベスト16の広島観音が近大福山に1-8で八回コールド負けした。

広島観音の主戦松山は三回、無死一、二塁から二死まで持って行ったがそこから3連打されて3失点。

四回、スクイズで1点返した直後にはエラー、四球絡みで4点を追加された。

3回戦、4回戦は大会規定の2時間ルールに加えてコールドは五回以降7点差以上。あとがない観音は六、七回にランナーを出しながら加点できず、迎えた八回、一死一、三塁のピンチを迎えて満塁策。しかし六番大西に右前打されて九回の攻撃には届かなかった。

 

3回戦

尾道しまなみ球場
高陽東9-3西条農(大会規定により八回終了)
総合技術8-1府中(五回コールド)
熊野14-8三次青陵(大会規定により八回終了)

三次きんさいスタジアム
広陵8-2崇徳(大会規定により七回終了)
近大福山8-1広島観音(八回コールド)
呉港7-1美鈴が丘

エブリイ福山市民球場
広島国泰寺12-2因島(五回コールド)
山陽8-3福山工

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

関連記事RELATED ENTRY

有料メルマガ配信案内