地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 特別連載「広島スポーツ100年~Bリーグ2020-21広島ドラゴンフライズの挑戦」#2 コート外の司令塔兼強力ブースター…後援会山坂会長&松田副会長
2020年10月06日
編集部

特別連載「広島スポーツ100年~Bリーグ2020-21広島ドラゴンフライズの挑戦」#2 コート外の司令塔兼強力ブースター…後援会山坂会長&松田副会長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山坂
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は広島ドラゴンフライズ後援会の山坂会長

 

特別連載「広島スポーツ100年~Bリーグ2020-21広島ドラゴンフライズの挑戦」#2 コート外の司令塔…後援会山坂会長&松田副会長

……

 

広島ドラゴンフライズがB1のコートに舞い降りた。

クラブ発足以来、多くの人たちによって支えられ、広島県民の声援に後押しされ、そして日本バスケの「頂き」に向けての第1歩となる2020-21シーズン幕開け…アウェーでの大阪エヴェッサ戦で見事、B1発勝利を手にした。

それは1950年誕生のカープ、1993年スタートと同時にJリーグに参入したサンフレッチェ広島に続く広島プロスポーツ第3の波…

広島の過去100年では、陸の上で水の中で、あるいは空間で、日本最強を誇るアスリートたちが世界の頂にも挑んだ。

そんな「スポーツ王国広島」の歴史は、軍都廣島とともにその歩みを進め、やがて平和の象徴となった広島アスリートたちの物語でもあった。

次の100年に広島スポーツは何を遺すか?

「2020広島ドラゴンフライズの挑戦」は、間違いなく広島スポーツに新風を吹き込むことになるだろう。

広島スポーツの何がどう変わるのか?変えようとしているのか?

広島スポーツ100年取材班では、クラブ発足当時から取材を続けてきた広島ドラゴンフライズの過去と今と未来について探っていく。

第2回は、B1地元開幕戦を控えた広島ドラゴンフライズをバックアップする”最強メンバー”にスポットを当てる。

9月25日、広島市中区のリーガロイヤルホテル広島で広島ドラゴンフライズの決起集会があった。

冒頭であいさつに立ったのは後援会名誉会長の岸田文雄氏だった。

岸田氏あいさつ
「新型コロナウイルスの蔓延によって世の中、たいへん厳しい状況になります。東京オリンピック、パラリンピックも延期されてしまった。また残念ながら広島の野球、サッカーも今年は何か元気がないということでありますので、ぜひ広島ドラゴンフライズ、バスケットボールで大いに広島を盛り上げて元気にしていただきたい。ぜひB1昇格を気にドラゴンフライズ旋風を全国に巻き起こしていただければと心から願っています」

続いて山坂哲郎後援会会長が次のようにあいさつした。

「私が後援会会長を務めさせていただくようになった時の思いは、広島県民と広島の企業が第3の広島のプロスポーツ、広島ドラゴンフライズを育てるんだと、いうことでした。みなさんのご支援ご協力のもとでやっとB1に昇格することができました。この広島ドラゴンフライズはB1に上がることを目的にしておりません。先ほども「頂き」という言葉が出ておりましたがB1でトップになるんだ、とB1でチャンピオンになる、それを目指しております」

さらに山坂会長は会場に向かって目に見える形の支援も呼びかけた。

「そのためには皆様方のこれまで以上の応援が必要ではないかなと思っております。きょう来られているみなさんは5社でも10社でもお声がけきただきファンを作っていただきたい。そしてもっと言いますとスポンサーにもなっていただきたいと思っております。そして我々広島県民、広島の企業で広島の第3のプロスポーツ、広島ドラゴンフライズをカープ、サンフレッチェ以上のチームに育て上げていきたいと思っていますのでよろしくご協力いただきたいと思います」

同会長が中心になって後援会組織の裾野を一気に広げたことでチームはその支援を追い風にしてB1昇格を果たしたと言っていい。広島ドラゴンフライズは2018年12月よりNOVAホールディングス株式会社による新経営体制で一気呵成に攻めの姿勢に転じた。一方で地元経済界も”ブースター”としての存在感を強めている。

このあと湯崎知事と松井市長もステージに上がり、最後に後援会の松田哲也副会長が得意の話術で、会場を沸かせたあときれいに締めた。

「後援会、ファンは応援し、そして支えることが仕事だと思います。今年をいいスパイラルで素晴らしいシーズンになるようみなさんで盛り上げていきましょう。…私のあいさつもばっちり決まったところで乾杯したいと思います!」

6月に出版された松田哲也氏の著書「2045年、おりづるタワーにのぼる君たちへ 」は大きな反響を呼んでいる。広島に新たなランドマーク。そして、そのそばには負の世界遺産原爆ドーム。

松田哲也氏も山坂哲郎氏も様々な立場で広島の街作り、人づくり、夢づくりと向き合ってきた。広島ドラゴンフライズもそのベクトルに沿ってB1ロードを進んでいく。

やがて広島ドラゴンフライズを知らなかった広島県民も、知っていても試合会場とは縁遠かった人たちも一緒に熱狂することになるだろう。

広島の街にドラゴンフライズのメンバー12人がとけ込む風景…それがもうすぐ当たり前になる。(広島スポーツ100年取材班&田辺一球)

※ブースター…booster(英語)は増幅器、後押しする人、後援者。boostは~を上昇させるの意味。プロ野球はファン、Jリーグはサポーター、Bリーグはブースター。

※2045年、おりづるタワーにのぼる君たちへ …旧広島市民球場があった時代、電車通りを挟み長らく広島の風景のひとつになっていた広島東京海上日動ビル(1978年竣工)を広島マツダが購入し、おりづるタワーとして生まれ変わらせた。フルリノベーションには大胆な発想が取り入れられ、旧躯体を新躯体が東西から挟み込む形で耐震補強するなど増築・改修した。2016年9月、全面開業。

屋上展望台から原爆ドームのあるランドスケープを、広島の光や風と合わせて見渡すことができる。「おりづるタワーにのぼる君たちへ」は広島マツダの松田哲也会長兼CEOによる回顧録。戦争や被爆の実体験のない世代が広島の未来をどう引き継いでいくか?被爆から100年の2045年「おりづるタワー」から何が見える?と問いかける。

おりづるタワー
旧広島市民球場跡二階席から撮影した今となっては貴重な1枚、広島東京海上日動ビルと、正面に原爆ドーム(広島スポーツ100年取材班撮影)

おりづる
画像右がおりづるタワー

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内