地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > やったぜ!B1連勝!広島ドラゴンフライズ、トーマス・ケネディ32点、アイザイア・マーフィー28点、スリーポイント成功率51・9%
2020年10月25日
編集部

やったぜ!B1連勝!広島ドラゴンフライズ、トーマス・ケネディ32点、アイザイア・マーフィー28点、スリーポイント成功率51・9%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイザイア・マーフィー トーマス・ケネディ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は左からアイザイア・マーフィー、田渡凌、トーマス・ケネディ

 

B1第5節GAME2(10月25日)
広島ドラゴンフライズ 115-109三遠ネオフェニックス
1Q:13-23
2Q:33-24
3Q:22-28
4Q:26-19
EX1:21-15
会場:広島サンプラザホール
観衆:1,814人
おりづる賞:アイザイア・マーフィー
マンオブザマッチ:トーマス・ケネディ

【スターター】
広島:ジャマリ・トレイラー、岡本飛竜、アイザイア・マーフィー、グレゴリー・エチェニケ、田中成也

三遠:寺園脩斗、川嶋勇人、太田敦也、岡田慎吾、ステヴァン・イェロヴァツ

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
トーマス・ケネディ32点
アイザイア・マーフィー28点
グレゴリー・エチェニケ25点
◆リバウンド
グレゴリー・エチェニケ13リバウンド
◆アシスト
古野拓巳8アシスト
朝山正悟6アシスト
◆ブロックショット
アイザイア・マーフィー4ブロック

◆出場タイム( )はGAME1
ジャマリ・トレーラー20:31(27:28)
トーマス・ケネディ32:05(16:20)
朝山正悟31:02(25:44)
岡本飛竜13:40(22:18)
アイザイア・マーフィー34:07(21:56)
グレゴリー・エチェニケ37:24(36:12)
田渡凌6:39(3:55)
田中成也24:51(25:44)
古野拓巳24:41(13:47)

三遠ネオフェニックス
◆得点
ネナド・ミリェノヴィッチ25
ステヴァン・イェロヴァツ25
川嶋勇人19
太田敦也15
◆リバウンド
ステヴァン・イェロヴァツ12リバウンド
◆アシスト
ネナド・ミリェノヴィッチ8アシスト

 

広島ドラゴンフライズはホーム2連勝、と同時にB1初の連勝を記録した。三遠ネオフェニックスは開幕から9連敗。

第1クォーターは三遠ネオフェニックスの動きに対応しきれず、グレゴリー・エチェニケが徹底マークされて13-23。

しかし第2クォーターに入って古野拓巳から田渡凌に司令塔が交代した直後から、トーマス・ケネディが本領発揮。田渡凌の3アシストなどで3ポイントシュート5本全てを沈めて46-47で前半を終了。

第3クォーター、今度はアイザイア・マーフィーがドライブとスリーポイントシュートのコンビネーションで得点を重ねて68-75で第4クォーターへ。

三遠ネオフェニックスの連敗脱出への執念もすさまじく、残り49秒で94-94と追いついたが残り21秒からの最後のディフェンスでは何とか決勝ブザービーターが外れて延長戦へ。最後もアイザイア・マーフィーのスリーポイント2本などで接戦を制した。

アイザイア・マーフィーはルーキーながら開幕から8試合連続で二桁得点をマークしてきたがついに爆発!の28得点、しかも運動能力の高さを裏付けるブロックショット4本。

チームのスリーポイントシュート成功率は、三遠ネオフェニックスの35・0%(20分の7)に対して51・9%(27分の14)。

 

広島ドラゴンフライズ・堀田剛司HC
今日のゲームの入り方は悪かった。オフェンスでは最初に指示したコールと違う動きをしたり、ディフェンスでもトラブルがあったが、選手が我慢強く最後まで戦ってくれた。前半はディフェンスが上手く機能しない部分があり、ピック&ロールで崩されるパターンが多かった。オフェンスはボールを動かして、みんなでボールをシェアしようと心掛けていて、そこが上手くいって良いシチュエーションでシュートを打てた。オフェンスは大分良くなってきたが、ディフェンスで改善するところは多々ある。28日の琉球戦は、今の自分たちの力を全力で出してぶつかりたい。

 

広島ドラゴンフライズ・トーマス・ケネディ選手
今日のゲームで自分自身がフォーカスしたのは、ミスを恐れずに丁寧にプレーするところと、自信を持ってシュートを打つところ。そこが今日の結果に繋がった。

 

広島ドラゴンフライズ・アイザイア・マーフィー選手
自分個人としては、数字はあまり気にしないが、チームの勝利の貢献できたことが嬉しい。シーズンは長いので一試合一試合、大切にプレーしていきたい。次の試合も勝ちたい。

 

三遠ネオフェニックス・ブラニスラフ・ヴィチェンティッチHC
勝つことはできなかったが、全員がハードにできることを出しきった。この結果は次に繋がる。私がチームに合流した時から、速いテンポのバスケットボールをすると決めていた。今はまだロスターが完全ではないが、来週から(新たに)プレーできる選手が合流するので、これから良いバスケをやっていける確信がある。チーム一丸となってやっていきたい。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内