地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島新庄、勝負どころの1点にこだわり初の秋中国王者、秋季中国地区高校野球大会決勝
2020年11月02日
編集部

広島新庄、勝負どころの1点にこだわり初の秋中国王者、秋季中国地区高校野球大会決勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇多村監督 迫田
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は広島新庄の宇多村監督と今春まで同校で指揮を執った迫田前監督(左)

 

センバツ選考の重要な資料となる秋季中国地区高校野球大会決勝が11月1日、島根県立浜山公園野球場であり広島新庄が下関国際(山口)に3対2で勝って初優勝した。

ともに勝てば初の秋中国王者という決勝は予想通りの接戦になった。

広島新庄の先発、花田は立ち上がりがもうひとつ。四球2つが絡んで得点圏に走者を背負い適時打されて1点を先制された。

三回に追いついた広島新庄は四回に2-1と勝ち越したが五回、またしても先頭打者に四球を与えた花田は一死二塁から適時打され2-2に。

同点のまま迎えた七回の広島新庄は一死から六番平田が左前打。七番伊永の打席で平田はすかさず二盗、これが相手キャッチャーの二塁悪送球を誘い一死三塁となって、伊永の適時打で勝ち越し。7回5安打と粘りの投球を見せた花田から八回、秋山にスイッチしてこの1点を守り切った。

ヒットの数はともに6本。相手の盗塁をバッテリーで阻止するなど1点差勝負で広島新庄の隙を見せない野球が光った。準々決勝から3試合続けての1点差勝ちでの頂点、という勝ち上がり方も限られた状況下でよく鍛えられたチーム力の証だろう。

そのほかの広島勢の大会成績

準決勝
広島新庄(広島1位)4-3鳥取城北(鳥取2位)

準々決勝
盈進(広島2位) 8-10 米子東(鳥取1位)
広島新庄(広島1位) 3-2 山口県桜ヶ丘(山口1位)

1回戦
盈進(広島2位) 7-6 関西(岡山2位)
広島新庄(広島1位) 10-0 鳥取西(鳥取3位)
西条農業(広島3位) 1-8 下関国際(山口2位)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内