地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サンフレッチェ広島GKポジション奪回へ、大迫敬介が契約を更改
2020年12月29日
編集部

サンフレッチェ広島GKポジション奪回へ、大迫敬介が契約を更改

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大迫敬介
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は大迫敬介、後方に林卓人

大迫敬介はサンフレッチェ広島ユースからサンフレッチェ広島入り。プロ3年目の今季、リーグ戦15試合に出場した。

 

1年目の2018年シーズン公式戦出場なしに終わった大迫敬介は2019年シーズン、正GK林卓人のコンディション不良により2月のACLプレーオフで公式戦デビューを果たすと、そのままリーグ戦でもスタメン出場を続けた。

 

さらに11月に広島であったキリンチャレンジカップに、U−22日本代表として出場。順風満帆かと思われたが、今季は開幕スタメンながら新型コロナウイルスによるリーグ戦中断明けから林卓人にポジションを奪い返され、リーグ戦15試合出場に止まった。

出番のなかった公式戦の終了後も、黙々と練習を続けた大迫敬介にとって、五輪代表も見据えた2021年は正に勝負の年となる。

 

サンフレッチェ広島ではDF野上結貴、MF川辺駿、DF荒木隼人、MF浅野雄也、MF森島司との契約終了を発表しており、これで6選手目。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内