地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 考えうる限り、今のメンバーで、守りが固くてベストなメンバーで、セッター金子!のJTサンダーズ広島、米子でサントリー相手にどうなった?~ちゃこのVプレミアレポ
2021年02月27日
ちゃこ

考えうる限り、今のメンバーで、守りが固くてベストなメンバーで、セッター金子!のJTサンダーズ広島、米子でサントリー相手にどうなった?~ちゃこのVプレミアレポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金子
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

トップ画像は金子選手のトスアップ

2020-2021V.LEAGUE Division1 MENレギュラーラウンド
第14週・第27戦(全18週・36試合)
2021年2月27日 土曜日
鳥取県米子市・鳥取県立米子産業体育館
【JTサンダーズ広島 ホームゲーム】
vs  サントリーサンバーズ(全4対戦 第3戦。0勝2敗。)

米子
体育館の背景に霊峰大山を望む
レトロな、昭和な雰囲気の体育館でのホームゲーム。米子市と境港市の市長さんも喜んでお迎えして下さり、JTの勝利を願って下さいました。

会場入口からは、遠くに雪を被った大山を臨むことができました。

チケットに小さーーーく印字してあった「要スリッパ」の文字に気がつかなかった私は、この寒い中靴下で観戦することに。でも、そんなことは忘れてしまうくらいの、熱い試合が待っていました。

さぁさぁ!試合はどうなった?!

 

20-25
21-25
23-25

うーーーん………。

スターティングメンバーは、

OH:山本将平キャプテン、陳建禎
MB:小野寺、安永
OP:エドガートーマス
S:金子
L:井上航/唐川

わぁ〜〜〜〜!!来ましたよ、来ましたよ?!

考えうる限り、今のメンバーで、守りが固くてベストなメンバーで、セッター金子!

試合開始当初からワクワクしていた(多分サントリーは、ええ〜?!今度はトスあげるのー、と思っていた。この前の大阪大会では、金子はOPでしたからねー)!

それがコート内でも炸裂!していて、一時は6点リード!!…ムセルスキーのサーブのところで連続ブレイクされて無に返りましたけどね…。ムセルスキーのそつないプレーと比較すると、トムが硬い硬い…。まぁ、気持ちはわかりますけどね。

ラリーを制する=最後に決めるのはOP、というパターンのチームですから、単純に、ムセルスキーの出来vsトムの出来、という図式になってしまいますもんね…。そればっかりじゃないんだけど、意識してしまうことは止められない。後は、ハートの強さ、ですかねー。

ムセルスキーのアタックって、コンパクトな省エネ打法(元MBだから、当然っちゃ当然か)だから、同じ打数だとしてもトムよりもエネルギー消費が少ない。結果、翌日(同一カード2連戦ですから。翌日があります)にもダメージ引きずっちゃうのは、トムの方、ということに。

…今から明日が心配だ。

エドガー
エドガー選手のスパイクが相手ブロックに阻まれる

!?そういう意味では、若さもあるかもしれないけど、大阪大会でのOP金子には、そんな「ダメージ」的なものは感じなかったなぁ。もーう「試合に出れて嬉しい!」しか感じなかった。

新井くん(今日はベンチ外、だったけど。…故障じゃないなら、この仕打ちはこれまでの態度と比較するとあまりに極端…)にもそんな感じしか受けないなぁー。自分が何点もサーブで取られちゃっても、堂々とコートに立ってて、陳さんにも自分からポンポンしたりして(苦笑)。いやいやポンポンじゃなくて、お前がやれよ?!と突っ込みたくなるような(笑)。

JTには、イケイケの若い人がよーけーおります!(笑)

 

第1セットから陳さんがサーブで狙われまくってて(普通はジャンプサーブを打つ人がフローターサーブに変えてまで、陳さんのところに飛ばしてた)、第2セットは陳さんを庇ってレセプションに入ってる将平も陳さんも一緒に転んでいる有り様で。坂下くんに交代しました。

これがねー。サーブで攻めないんだよなー。ジャンフロにして。…うーーーん。それじゃあ、陳さん→坂下の交代で、強烈なサーブで崩す人が「減」してしまう。攻めたサーブを坂下が打ったのは、第3セット(このセットは、スタートから起用)の、サントリーのマッチポイントだけ。

でも!!ここは凄かった!!連続して3度、攻めたサーブを入れましたからね!しかも、3回目の前には相手がタイムアウトを取ったので、やりにくかったハズ。よく集中力切らさずに入れました、3本目!ラインの踏み越しがあった、とされて、試合終了になってしまったけど、あそこでのバックアタック!良いですよね!

坂下くんだけじゃなくて、トムのサービスエースも第2セットの相手のセットポイントでしたし。

-途中出場の坂下選手のレセプション
途中出場の坂下選手のレセプション

JTの皆さーん!勝負どころをもう少し前倒しにしていきましょうよー!

ヴィスコ監督の時に、20点から後に粘り勝つ練習、をたしかにしていたけど、それは、20-20とか、こっちが20点に先に載ってるパターンで、ですよね?ビハインドの時には、20点をラインにしてちゃ時間切れですよ。

巻いていきましょう!!

 

今日は、アリーナエンド席4列目。…それより前が取れなかったんですよー。アリーナサイド席は全く取れなかった。それもそのはず。原因は会場ですぐに知れました。…アリーナ席、赤いです〜。サントリーファンばっかし。(サントリーは、コロナ感染クラスターもー出してしまったし、ホームゲームの半分以上を無観客試合で行いましたから、サントリーファンの皆さんは生観戦できるのを心待ちにしておられたんですよねー)うちらの周りも相当赤かったですー。2階観客席は緑一色!でしたけどね!!

 

エンド席は、試合経過がわかりにくいんですけど、攻撃の妙、とでも言いますか、…わかる方には多分わかってもらえると思う!!面白いんです〜!

すんごい印象的なプレーがあって、第3セットに。

私の前はサントリーチーム。JTチームはネットの向こう。ラリー中に、ネットの上にボールが、空中にポッカリ置き去りになってたんです。止まってました。打つ人がいないのに、ボールは「打ってくれーー」とその打点で待ってました。金子から坂下へのバックアタックへのトスだったんですねーそれ。坂下はまさか自分にバックアタックのトスが上がると思っていなかったようで、ブロックフォローに入ってて打つ気になってなかった(助走に入ってなかった)んですよー。

あー、もうー、金子のトスには国体メンバーで臨んでほしいですわー。サインとか関係なしに(ラリー中じゃけ、そんなもんあるわけないし)「金子のトスはどこに上がるかわからんけー!!」と、全員必死に助走するもんね!金子のトスについて行ってくれ!

 

今日は、金子→深津→金子→深津と目まぐるしくなってたけど、明日はどうするのか?!

監督を含む首脳陣の“キモ”力が試されますね。

連戦の2日目、ということも加味しなければいけません。1日目よりも戦力をアップして。相手の対策には更に対策を。武智、井上慎一朗、中島というカードが切れない中での模索になります。何やら、深津ー八子は自分たちだけでも色々試してやっているようですが…戦力配置として、どこまで采配に活かせるのか。

明日も現地で応援です!!アリーナエンド席。多分また赤い人たちに囲まれてます…。

頑張れ!!JTサンダーズ広島!!勝利を手繰り寄せろ!うちらファンも一緒に戦ってます!!(ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内