地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 九里、必死の阪神打線相手に”5年目の正直”で二桁勝利、リードする坂倉打っても打率3割台復活
2021年09月29日
編集部

九里、必死の阪神打線相手に”5年目の正直”で二桁勝利、リードする坂倉打っても打率3割台復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
九里
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は九里

 

 

9月29日  〇8―2阪神 甲子園
通算49勝61敗11分け

5位変わらず、4位中日まで0・5差、3位巨人まで9・5差、首位ヤクルトまで14・5差
18時2分開始・3時間50分、12,747人(緊急事態宣言下)
相手先発 青柳●5回4安打3失点
本塁打 小園3号①、坂倉11号①
抹消 三好
登録 羽月

 

一番センター羽月
二番ショート小園
三番レフト西川
四番ライト鈴木誠
五番キャッチャー坂倉
六番ファースト林
七番サード田中広
八番センター大盛
九番ピッチャー九里〇(20試合10勝7敗)6回106球8安打2失点(自責2)
島内H
バードH
森浦
菊池保

 

 

広島、阪神ともに10安打だが、8点取った広島が連勝を5に伸ばした。優勝戦線に踏みとどまりたい阪神は低調な打線が心配…

 

 

阪神青柳に対して広島野手は鈴木誠以外、左を並べた。初回には一軍即スタメンの羽月の左前打と鈴木誠の四球で二死一、二塁となって坂倉がレフト線ギリギリに適時二塁打。

 

 

三回と四回には小園、坂倉にソロが飛び出した。

 

 

阪神打線も九里から四回、五回に1点ずつを返したが、七回以降は広島の継投策にかわされた。

 

 

九里は緒方監督の3年目、2017年以降、9勝、8勝、8勝で、昨季の佐々岡体制1年目では先発一本、とその立場がより明確になったがやはり8勝止まりだった。

 

 

8月半ばから九里とバッテリーを組む坂倉にとってもひとつの壁を越えたかっこう。坂倉は打っても4の3で打率を3割台に押し戻した。コレはなかなかできることではない。鈴木誠は3の1、打率・317でトップをキープ。ただし2位以下はDeNAのふたり、桑原・316、オースティン・315で、際どい争いが続いている。(ひろスポ!・田辺一球)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内