地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島vsDeNA、2月16日練習試合(コザしんきんスタジアム)のスタメンと見どころはココだ!
2022年02月16日
編集部

広島vsDeNA、2月16日練習試合(コザしんきんスタジアム)のスタメンと見どころはココだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コザしんきんスタジアム
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は2月16日早朝のコザしんきんスタジアム

 

沖縄市のコザしんきんスタジアムで2月16日、DeNAとの初の練習試合に臨む広島のスタメンが同日朝、発表された。

 

 

スタメン

センター宇草孔基

DH中村奨成

ショート小園海斗

ファースト末包昇大

サード林晃汰

ライト中村健人

レフト正隨優弥

セカンド韮澤雄也

キャッチャー石原貴規

先発玉村昇悟

 

宇草は13日まで日南市で行われた1次キャンプで「一番」の座を野間峻祥と争い、まずはスタメン。初球から捉えることができている。一番固定しないと、今季の広島打線、いつまでも打順決めが始まらない。

 

中村奨成は「二番」で競争相手の中村健人に先んじてスタメン。日南での紅白戦の内容が良かった。おそらくバントなし、持ち味出したい。

 

小園海斗は、鈴木誠也が抜け、西川龍馬の合流が遅れ、新外国人のライアン・マクブルームの来日のメドが立たない中では有力なクリーンアップ候補。日南での紅白戦2試合で無安打ながら、打撃内容は充実。

 

紅白戦での四番は堂林翔太と末包昇大だったが、実力の分かっている堂林翔太より、打席数を増やして対応力を見る末包昇大が優先。満振りの良さを変えない姿勢で、一発を目指す。

 

林晃汰はクリーンアップ外の下位を打つはずが、メンツ不足のため五番。徐々に打撃は上がり調子。広角に打ちたい。

 

中村健人はもしもレギュラーを取るなら六番もあり。実戦向きの打撃がさらに牙を剥くか?ここまで左右のジグザク打線。

 

先発する玉村昇悟は紅白戦で真っすぐが走り、テンポのよい投球は健在。昨季の投球回数は多い順に森下暢仁、九里亜蓮、大瀬良大地だが四番手が玉村昇悟の101回で床田寛樹の87回3分の1より多い。先発4番手に名を連ねるのが目標!

 

 

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内