地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 鈴木誠也メジャーデビュー、ファーストスイングで初ヒット!その9時間前にはマツダスタジアムでライアン・マクブルーム1号!カープファン楽しみ倍増の2022年シーズン幕上がる
2022年04月08日
編集部

鈴木誠也メジャーデビュー、ファーストスイングで初ヒット!その9時間前にはマツダスタジアムでライアン・マクブルーム1号!カープファン楽しみ倍増の2022年シーズン幕上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はマツダスタジアムの大型映像装置で紹介された SEIYA SUZUKI

 

SEIYA SU・ZU・KI!!!

 

 

灰色のシカゴの空に向かって、その名がコールされる瞬間が来た。本拠地レグリー・フィールドでの開幕戦、相手はシカゴの真北からやって来たミルウォーキー・ブルワーズ。

 

 

2013年9月14日、マツダスタジアムでスタートしたNPBでのキャリアは、9シーズンで902試合937安打182本塁打652打点、OPS・985。初めて四番を打ったのは2017年4月11日の東京ドーム、巨人戦だった。それからちょうど5年で夢が現実になった。

 

 

カブスの一員としてのデビュー戦は六番・ライト。

 

 

試合前のセレモニーでは、アメリカ国歌の前にウクライナ国歌が斉唱された。スタンドにはウクライナ国旗を掲げるファンの姿もあった。世界は広いが繋がっている。日本とも、だ。

 

 

二回の第1打席は一死二塁で回ってきた。相手の先発は前年のサイ・ヤング賞右腕、C・バーンズ。追い込まれながらもフルカウントにして四球で塁に出た。その立ち振る舞いは、NHK中継で“傍目”から見るぶんには広島時代とあまり変わらない。

 

 

1点を追う五回の第2打席では初球の外に逃げる変化球を見て1ボール。2球目も似た軌道ですかさずレフト前に弾き返した。最初のスイングで初安打。掃う様にしてうまく運んだ。これも広島時代の得意技のひとつだ。

 

このあとヒットで三塁まで進み、少し笑顔を見せたあと、犠牲フライでホームを踏んだ。

 

 

六回の第3打席も外角にばかり来る球をファウルにしながら四球を選んだ。

 

 

八回の第4打席は3番手右腕、S・カズンズのスライダーに手を出さず3球三振に終わった。ただ、こんなシーンもまた、カープファンにとっては見慣れたもの。いつもどおりと言えばいつもどおり…

 

 

チームは5対4で勝利!強風の中、センターのJ・ヘイワードと守備でも無難な動きを見せた総額8500万ドル契約の27歳ルーキーは、初日でチームメイトや3万5000人を超えるファンに極めて近い存在になった。

 

 

古巣のマツダスタジアムでは、この開幕戦が始まるちょうど9時間前の日本時間7日午後6時20分に、「四番ライアン・マクブルーム」が来日1号2ランを前四番のそれに負けない飛距離で左中間スタンドコンコースに打ち込んだ。

 

 

カープファンのお楽しみが文字通り倍増、日米同時進行の2022年シーズンの開幕…
(広島スポーツ100年取材班&田辺一球)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内