地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 玉村-坂倉のバッテリー、初回の無死満塁のピンチから盛り返し巨人打線をスミ2に封じる
2022年04月07日
編集部

玉村-坂倉のバッテリー、初回の無死満塁のピンチから盛り返し巨人打線をスミ2に封じる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
玉村
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は黒原(右手前)、栗林(右奥)と話す玉村

 

4月7日 〇9-2巨人 マツダスタジアム
通算8勝4敗、首位巨人まで1差の2位
18時開始・3時間20分、22,820人
相手先発 堀田●4回5安打4失点
本塁打 -

一番センター西川
二番セカンド菊池涼
三番ショート小園
四番ファーストマクブルーム
五番キャッチャー坂倉
六番レフト長野
七番ライト末包
八番サード上本
九番ピッチャー玉村〇(2試合1勝)7回109球7安打2失点(自責2)
島内
松本

 

広島が7試合ぶりの二桁安打でこのカード勝ち越した。今季初スタメンの長野が2安打3打点でベンチの期待に応えた。

 

巨人の9失点は今季ワーストで七回の守りではミスが相次ぎ、さらに4人目のビエイラがライアン・マクブルームへの頭部死球で退場になるなどバタついた。

 

そのライアン・マクブルームは初回、巨人先発の堀田から左翼越えの来日1号2ラン。

 

実は初回の攻防で巨人が試合の主導権を握る可能性があった。

 

廣岡、坂本、ポランコの3連打で無死満塁。さらに四番岡本和の左中間フェン直二塁打で2点先制!しかし、こっれきり、に終わった。

 

続く中田が初球のカーブを打ち上げて捕邪飛に終わったのが巨人としては痛かった。さらに六番でいい仕事をしている丸の打球はショートライナーだった。

 

立ち上がり、わずか4球で満塁とされた玉村-坂倉のバッテリーは、その後も粘り強く巨人打線からアウトカウントを重ねていった。

 

そして四回、五回は3人ずつで抑え、七回の無死一塁では中田の左飛がライナーゲッツーになる幸運にも恵まれた。

 

昨季、マエケン以来となる高卒2年目での100イニング越えを果たした左腕は4月16日で21歳。同世代で売り出し中の堀田に結果的には投げ勝った。

 

昨季の玉村-坂倉コンビは12試合で2勝5敗、だった。

 

今季は3月31日の阪神戦(マツダ)で5回8安打2失点勝ち負けつかずのあと、早や1勝。どれだけ積み上げていけるかが注目される。(ひろスポ!田辺一球)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内