地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 崇徳、全国高校軟式野球選手権大会初優勝を逃す、中京学院大中京が3連覇
2019年08月31日
編集部

崇徳、全国高校軟式野球選手権大会初優勝を逃す、中京学院大中京が3連覇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

第64回全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催)の決勝が8月31日、兵庫県の明石トーカロ球場であり、東海代表の中京学院大中京(岐阜)が西中国代表の崇徳(広島)を5対2で破って史上2校目の3連覇を達成した。

崇徳は第59回大会準決勝で4日間に及ぶ延長50回の熱闘の末に敗れた相手に初優勝の夢を断たれた。

試合は五回まで両軍無得点。

しかし六回に崇徳の主戦、高井大輝(3年)が制球を乱して2四球と暴投で一死一、三塁。ここから自らの野選で先制されると、バックの守りのミスで2点目。さらに内野ゴロで加点され、適時打されて計4失点。

それでも崇徳は5点差となった七回に二死から朧谷英慈(2年)の適時打で2点を返したが、反撃もそれまで。ヒットの数は中京学院大中京6本、崇徳4本。

高井大輝は166球完投。ちなみに試合時間は2時間4分…だった。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内