地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > JTサンダーズ、やはりイゴールに手を焼いて2敗目喫すも2位に踏み止まる
2014年11月30日
ちゃこ

JTサンダーズ、やはりイゴールに手を焼いて2敗目喫すも2位に踏み止まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

昨日に続いて、東京都大田区体育館にて、今日は豊田合成トレフェルサと対戦しました。

28-26
21-25
25-20
22-25
7-15
セットカウント2-3で、2敗目を喫しました。

5戦終わって、3勝2敗。ポイント11。

パナソニックが、4勝1敗  ポイント12  で、1位。

同じく豊田合成が4勝1敗なんだけど、ほとんどがフルセットまでもつれているので、ポイントが10。

したがって、2位 JTサンダーズ、3位 豊田合成トレフェルサとなっています。

まだ第1レグの途中ですが、来週からは「天皇杯」週間となり、次のVプレミアリーグの試合は、12/20、21となります。

天皇杯休みとなる前の、勝っておきたい1戦でした。

が、結果は、敗戦。

昨シーズンまでは味方にいたイゴールに意地で持って行かれた感じがしました。

サーブレシーブのいいWS白岩(全日本でも、米山ん継ぐ“守れる”スパイカー)を崩しきれなかった。しかもこちら側のレシーブはやられてる、では、苦しいですね。

しかし、拾って繋ぐことでは決して負けておらず、互角に拾っていたと思います。

 

全体を通して、昨シーズンまでも身長の割にはあまりブロックポイントのないイゴールに、やけにブロックポイントが出ているのが気にはなってました。

それが、わわわわ~!!と大問題になったのが、最終セットでした。

セッター深津の癖を知っている“元”チームメイトだからの、シャットアウトが数回ありました。そして、イゴールを波に乗せてしまい、セッターの換え時を逸しました。

15点終了の第5セットで、2-8は終わっているでしょう。ここでセッターを深津から井上に換えましたが、後から出された方が気の毒です。(井上さんは悲壮感は感じさせず、今の局面を“切り返す”ことだけを考えていたように見えたのが救いです。まだ打てる手がある、と。出すのが遅いけど。)

案の定、7-15 と、ダブルスコア以上で終了してしまいました。

 

今年の戦い方は、「勝てば官軍」ではなくて、勝ち方 が大事になる、と『ポイント制』が導入になった時に言われていました。

今、JTが2位にいることがその証明になるのですが、

勝つ事が勿論大切なんだけれど、勝ち方と負け方も大事になる、ということです。

イゴールの意地は凄かったですが、5試合終わった時点で合成は23セット戦ってる。(JTは20、パナは21) イゴールのアタック決定本数143は2位97本をも大きく離して独走中ですが、怖いのは「決定しなかった打数はこれに含まれてない」ということ。イゴールはこの5試合で一体何本打ってるのか。今は敵とはいえ、故障して潰れてしまえ、とまで思っていませんし、やはり尋常じゃないですよね。

JTの新外国人レオはイゴールほどの爆発力がないので、静かですね。…悪く言うと覇気がない。第5セットはイゴールと比較してしまうからでしょうが、やる気がないのか、と思ってしまいました。

とはいえ、まだまだリーグは序盤戦。大事に戦っていきましょう。

ひとつひとつ。

目指すは、4/5の東京体育館  ファイナルステージですから。

(文責・ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内