地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > ちゃこのVプレミアレポート!JTサンダーズ何とか連敗止めて1レグ終了
2015年11月22日
ちゃこ

ちゃこのVプレミアレポート!JTサンダーズ何とか連敗止めて1レグ終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

Vプレミアリーグ 2015.2016男子大会、第1レグ第7戦(11月22日)

我がJTサンダーズは愛知県小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)にて、ジェイテクトスティングスと対戦しました。

1レグ最終戦。全チームとの総当たり、1巡目の終了です。

ジェイテクトは、3季前にはチャレンジマッチでJTに敗れて、プレミア昇格の夢破れ、2季前に、再びチャレンジマッチでプレミア昇格を目指し、大分三好と入れ替わりVプレミアの一員になりました。

昨季は、助っ人エルナンデス(キューバ)が凄い存在感で、ファイナル6に入り、最終5位になりました。何があったか知りませんが、エルナンデスは一年で退団。今年はブルガリアからカジースキを獲得。

レセプション(サーブレシーブ)が苦手でWSとしては使えなかった(…日本人選手、こればっかり。だから世界と戦って勝てないのだ!)古田をOPに回し、カジースキをWSにして、またまた昨年度までのパナソニックと同じ陣形で(今年はこのパターンのチームが多い)、新しいチームを組んできました。

試合結果は、
25-19
15-25
15-25
25-19
15-12

セットカウント3-2で、かろうじて勝ちました。

ポイント2をget。獲得ポイントは、1レグ終了して、たったの10!4勝3敗 と 辛うじて“勝ち”が先行しています。

ここ何試合か、第1セットの滑り出しは良い状態です。その後、何かで歯車が狂うと取り返せない…。

今日のスターティングメンバーは、
WS越川・八子
MB町野・筧本
S深津
OPレオ
L唐川。

今年のビスコ監督は、スタメンはほぼ固定。人材豊富なMBは、変更することもありますが、他は固定です。…固定せざるをえない、と言った方がいいかもしれません。

今日も、第1セットは、深津のサーブでググッと3-0と飛び出すと、その後も着実に点差を広げて、最大8点のリードがありました。レセプションを大きく乱されることもなく、攻撃もレオ・越川・八子に上手く振れており、八子くんが調子良かった。センター線があまり使えていないこと、相変わらずレオさんのサーブその他が調子悪いことが気にはなりましたが。

この不安は、第2セットに現実となります。出だしから、あれよあれよと言う間に1-6。9-10  10-11 と1点差まではにじりよりますが、また離れていき、身長差30cm以上ある浅野に2回連続でシャットアウトされたとこで、レオさんをお休みさせました。この時点で11-19。第3セット以降のことを打ち合わせするために、13-20で越川主将もベンチに下げ、結局15点しか取れませんでした。

このような展開の時に、コートの中で声を出す役目が昨年度までならL酒井だったわけですが、それを唐川に求めるのは荷が重すぎます。

動きながら(サーブレシーブもして、アタック打って、ブロックして、)声出し・まとめ役が自分しかいない、という状況は、越川主将とて苦しい…。

第3セットは開始からサイドアウトも奪えず0-5。もう、何が何だか、と言う間に、気が付いたら4-15!バレーボールになってないし。ここでセッターを深津から井上に交代しますが、時既に遅し。ブレイクポイントを全然奪えず、点差は縮まらないまま、15-25。またもや、悪夢の、2セットダウン。

第4セット、どうなることかと思ったけど、逆に相手チームの方がプレッシャー大きかったのか、JT側がサーブミスするとお付き合いしてサーブミスをしてくれる感じで。そこをキチンと繋いで、攻撃的サーブでないときのディグを頑張って、得点を重ねたJTが、このセット取り返して、決着は最終セットにもつれ込みます。

第5セット、1stテクニカルタイムアウトの8-7まではサイドアウトの応酬。試合がどちらに転んでもおかしくない試合展開でした。その後、相手にミスが出て2点リードすると、JTは、2、3点のリードを保ちながらサイドアウトを繰り返し、15-12。

何とか勝ちました。

本当に、「何とか」という感じです。

昨日、前週の課題はクリアしていると思いましたが、それでも、善戦したけど、勝てなかった。ポイントも取れなかった。今日は“勝たなければいけない”。昨日の敗戦引きずってるなぁ、と感じました。

「自信を取り戻すことだ」とビスコ監督言っていましたが、本当にそう。昨日は勝てなかったけど、自分たちがやっている練習の方向性は間違っていない。土壇場で力を出せるように、練習している。自分たちにはやれる力がある。

…でも、昨日のような試合展開になってしまうと、そこが揺らぐんだろうなぁ~…。

好調の豊田合成は、今日もパナソニックに勝ち、1レグを全勝で終えました。ポイントは19もあり、JTとは倍近く差がついてしまいました。…早い時期にファイナル6進出が決定するかもしれませんね。

でも、そこからでも盛り返すことが出来るのが、昨年度から導入した、「ファイナル6」「ファイナル3」「ファイナル」のシステムだし、ポイント制であるわけです。

シーズン終了間際になると“消化試合”のようなものが出来てしまい、主力を温存して若手だけで戦う、ということがあったので(それをお金出して見に来い、と言うのですから、失礼な話です)、そういうのを無くす目的もあったようです。

諦めずに、いつも瞳をギラギラさせて、リベンジを誓っていれば、やってやれないことはない、ということです。

若手の爆発に期待(唐川くんの成長)です。…レオさん、故障じゃなきゃいいんですけど。

来週(土)は東広島市・東広島運動公園 体育館 にて、第2レグ 初戦、豊田合成と対戦です。

今日の、紫色に染まったスタンドに、サンフレッチェの選手はとっても後押しをされたことでしょう。そして、見事に、やりました!

JTも、大勢のファンの声援で後押しして、合成にリベンジしましょう!

JTサンダーズ「ブログウォッチャー」ちゃこ

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内