地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > JTサンダーズ準決勝進出、しかし日本代表選手の窃盗・逮捕で大会に冷や水
2014年12月12日
ちゃこ

JTサンダーズ準決勝進出、しかし日本代表選手の窃盗・逮捕で大会に冷や水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

東京体育館で行われている平成26年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会、12月12日は大会三日目、準々決勝が行われました。

 

Vプレミアチーム同士が対決する、準々決勝。

我がJTサンダーズは、FC東京と対戦。 

2521

2521

2522 

セットカウント3-0で勝利。13日の準決勝にコマを進め、堺ブレイザーズと対戦します。 

 

準決勝のもう一つの試合はパナソニックパンサーズがジェイテクトを破り、豊田合成トレフェルサは対戦相手の東レアローズが棄権したため不戦勝のため、パナ vs 合成となりました。

 

 

もう既にネットニュースのトップにもなっていますが、東レアローズの選手で、全日本男子・南部Japan 龍神NIPPON にも選ばれている王金剛選手が、窃盗容疑で逮捕されたため、です。


バレーボールの未来に、
Vプレミアの資質に、そして、帰化選手ゆえに、在日中国・韓国の選手の今後に、

計り知れない大迷惑をかけました。信じられません。なに考えてるんだか。

 

(文責・ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内