地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 「カープ鈴木誠也選手がお手本」の瀬戸内怪童・門叶直己の夏終わる、尾道は井上愛斗の投打に渡る活躍光る
2018年07月24日
編集部編集部

「カープ鈴木誠也選手がお手本」の瀬戸内怪童・門叶直己の夏終わる、尾道は井上愛斗の投打に渡る活躍光る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
尾道
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

尾道は八回、井上愛斗のタイムリーで勝ち越しに成功(トップ画像)

(第100回全国高校野球選手権広島大会第7日、7月24日)

尾道市のしまなみ球場の第3試合、今春のセンバツ出場校瀬戸内は4対9で尾道に敗れ春夏連続出場はならなかった。1点リードで迎えた八回、先頭打者への四球のあとバント処理ミスやエラーが重なり6点を失ったのが悔やまれる。

先制点は瀬戸内。初回、一死一、二で四番・門叶直己(3年)が右中間へ技ありの2点タイムリー。三回には三番・東大翔(3年)がソロホームラン。その裏、2点を返されたが五回に1点を加えて4対2。粘る尾道も七回に1点。1点差のまま八回を迎えた。

昨秋の中国大会では門叶直己の1試合4発で注目を集めた瀬戸内。その一方で課題は「守りの野球」を追求していく中での継投策にあった。

この日もエースの浴本一樹(3年)が先発して中盤までをしのぎながら二番手・山崎誠(3年)との投手リレーの末、結果的には逆転負けを喫した。

今大会注目のスラッガー門叶直己は第2打席以降は不発に終わったが、大学野球でさらに「カープの鈴木誠也選手をお手本にした」打撃を磨いていく。

瀬戸内の2倍の12安打を放った尾道打線は一番・河野椋斗主将(3年)が5打数4安打2打点と大暴れ。9回を投げ切った井上愛斗(2年)は打っても八回、勝ち越しタイムリー。ランナーになった際に足が痙攣するトラブルにも見舞われながら、九回の瀬戸内打線を3人で抑えてガッツポーツを決めた。

 

その他の結果

・福山市民球場
国際学院3-0大竹、シード校の大竹打線を国際学院の小谷勇太(3年)が5安打零封。

広島工9-4基町、如水館を破って勝ち上がってきた基町は初回に3点を先制されながら二回、4点を奪って逆転。四回に追いつかれその後はこう着状態に。けっきょく八回に5点を失い力尽きたが「強豪校に勝つ目標は果たせた、この続きは後輩たちに託します」と南波秀芽主将は頷いた。

・三次きんさいスタジアム
広陵10-0三原(五回コールド)、広陵はこれで4試合で60得点、0失点と昨夏の覇者としての強みを存分に発揮中…

新庄11-1可部(七回コールド)、昨夏の広島大会決勝で広陵に敗れた新庄も横綱相撲、これで3戦29得点2失点、シード校だけにまだ余力がありそう。

工大高9-6広、呉地区からのシード校4校のうち最後の砦だった広は初回に4点を先制。その裏、6点を返されると四回に追いつき終盤勝負に持ち込んだが八回に3点を失い力尽きた。豪雨災害による部員らの被害は甚大で、交通網が遮断され町は孤立したが、多くの人たちの協力を得て、堂々と3試合を戦い計25得点と逞しかった。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内