地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 中日に手痛い1敗で借金3後退の広島、黒田博樹やマエケンよりもすっゴイ!福井優也の出番
2015年07月12日
編集部

中日に手痛い1敗で借金3後退の広島、黒田博樹やマエケンよりもすっゴイ!福井優也の出番

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

オールスター戦までに勝率5割到達を目指す広島は昨夜、中日に絶対的な強さを見せていたジョンソンが6回2失点、プラス、打線が中日・八木を攻略できず”まさか”の完封負け。借金が3に増え、ノルマ達成には残り3戦全勝しかなくなった。

ナゴヤドーム第3戦(7月12日)の先発は福井。

昨夜のジョンソンは15試合で7勝、右肩炎症などで登録抹消中の黒田は14試合で6勝、そしてマエケンが16試合で8勝。福井はそれらを遥かに上回る効率の良さでここまで10試合で6勝を挙げている。ちなみに同じ10試合に先発した野村祐輔は4勝止まりだ。

しかも福井は4月、中日と2度対戦して13回を投げ自責点はわずかに2。4月17日のマツダスタジアムでは7回7安打無失点で昨夜、広島打線が泣かされた八木に投げ勝っている。

福井は前回、7月2日の巨人戦、でも8回2安打2失点の好投で巨人2タテの原動力になった。にもかかわらず7月8日、三次であったDeNA戦では7月1日の巨人戦でプロ初登板、初先発、初勝利の薮田が優先され、福井は中9日できょうの登板にこぎつけた。

前回、巨人戦も実は中17日で、試合のあとのインタビューで「調整もクソもない!」とチラリと意地を見せていた右腕はおそらくきょうも反骨心を胸に秘めマウンドに上がるはず。

…となるとあとは先のDeNA2連戦から低調気味の打線がどうか?中日の予告先発は今季3勝8敗とのれない山井。前回、6月28日の対戦(マツダ)では新井貴浩がツーラン、シアーホルツとエルドレッドがタイムリーとクリーンアップで五回までに全4打点を叩き出している。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内