地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 神宮球場を埋めるカープファンから「ばっさり切って下ろす」「機動力野球は死語」「30年以上、ファンを続けて一番最低」「パチンコ采配」…と嘆き節、怒りの声
2015年09月23日
編集部

神宮球場を埋めるカープファンから「ばっさり切って下ろす」「機動力野球は死語」「30年以上、ファンを続けて一番最低」「パチンコ采配」…と嘆き節、怒りの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神宮 2015・9・22
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

神宮球場、今季最多の3万2069人で埋まったスタンド、その過半数はカープファン

 

広島の自力優勝の可能性が昨夜で消滅した。しかも直接対決に敗れてヤクルトのマジック点灯の日をアシスト。ヤクルトの貯金は今季最多の8となった。

それでも神宮球場は昨夜に続いて9月23日、連休最終日のデーゲームもチケット完売。

だが、どこよりも熱い声援を送り続けてきたカープファンもさすがに「優勝」への可能性が消えゆく現状に落胆の色は隠せない。

昨夜の広島惨敗を受けてのカープファンの声の一部を紹介する。

ばっさりと切って下ろします。「これが現実さ」と。カープファンは,昨年10月以来約1年間,根拠のない白日夢を見せられてきただけなんです。
昨年の成績を踏まえて,球団は積極的に補強に動きましたか?新井貴浩だけじゃないですか,実質的には。これで攻撃力不足の解消というのは,片腹痛いというもの。外国人の獲得には動きが速かったですが,外国人選手はアジャストできるかどうかは水物。それを教えてくれたのはまさにネイトだったはずです。(中略)
しつこいようですが,開幕直後から,いやオープン戦から,戦力不足は明らかだったはずです。そもそもオープン戦の白星が黒田が投げた3勝しかなかった時点で,これは危ないと思わなければならないんです。多くのカープファンはその危機感もなく,「代表取締役社長」の意を受けた在広プレスの根拠なき軍艦マーチに易々と乗ってしまった。これは大反省しないといけません。自力優勝が消えた,それを嘆くのは分かりますが,それでは「誰がカープを殺したか」に思いを来さなければ,来年もきっと同じことが起こります。(中略)
今朝の中国新聞では,さすがにガス抜きをしないとまずいと言うことか,よく意味の分からないうねうねとしたガス抜き記事を物していましたが,こんなものは「六日の菖蒲,十日の菊」と言って昔からバカにされてきたものです。

今のカープは俊足ランナーが塁にいても、お構い無しに打者が打っていく、それが完全に許されているチームに変貌したんですね。(中略)
選手任せにしているのかも知れないが、やるにも程がある。おそらく走者がいる場面での走者と打者の連携のような練習を全くやってないのだろう。サインも無いのだろう。一塁コーチャーも指示が出来ないのだろう。相手チームはカープバッテリーに何度となく揺さぶってきているのに。起動力野球=カープ、もう死語となったのか。
監督は「負ければ自力優勝の可能性が消滅するというのは分かっていた。ただ、明日以降も負けられない試合が続くのは一緒。」とコメントしたらしいが何が一緒だ!?先発の力量を考えればどちらに総力を注ぎ込むべきかは歴然としている。一戦必勝状態で漫然として敗れた責任を微塵とも感じておらず具体的な打開策0の首脳陣&それに現場を託した球団責任者にレッドカード。古葉野球のDNA継承者あるいは21世紀版根本or黒船ルーツ体制を強く希求する。

終戦の日に、どこよりも早い大本営発表予想です。今シーズンは結果Bクラスでも、緒方監督は留任。タクローさんと新井打撃コーチが解任で、森笠と朝山がそれぞれ一軍昇格です。迎は二軍へ、東出は二軍専属コーチとなります。
投手コーチは一軍二軍ともに留任でしょうね。
全部当たったら何かください(笑)

終わりましたなぁ~。打線が強い時には投手陣がハチャメチャ!投手陣が強い時には打線がダメダメ!
層の薄さは相変わらず‥。来季はマエケンもいないでしょうし、黒田投手も去就を明らかにしていない。
とどのつまりは、打線をテコ入れし始めた頃には再び投手陣は最低状態になっていて堂々めぐりの繰り返し‥。優勝を本気で目指す気はありませんよ!球団及び統括しているオーナーも“純利益追求”という言葉は頭にあっても“ファンへの還元”という言葉は チンケなファンサービスで良し!という意識しかないのです。だって 地元広島で異を唱える者は抑えこまれる立場なのですから‥。広島の宝であったカープ。(中略)“カープ村の化け物”をここまで強大化させてしまった 広島という都市の地域性でもあるのです。

終戦と言いますが今季は開戦すらしてなかったって感じです。何で被る上、守備力が落ちる外野の補強ばかりしたのか?明らかに状態が悪い助っ人や堂林を使いたがるのか?天の声が働いているならもはや戦う集団ではないですね。2日前のテレビ中継で聞こえた野次がファンの心の声でしょう。カープ女子などにわか人気で儲けたいならプロ野球球団じゃなく芸能プロになればいい。今季は30年以上ファンを続けていて一番最低のシーズンでした。

いまさらながら、監督の人選ミスですね。オリックスでうまくいかなかったけど、森脇さんはどうかな。なんならマーティにもどってきてもらってもいいぞ。あーぁ。。。
でも、ヤクルトの投手じゃ、ソフトバンクは抑えきれないよなぁ。
などと余計なことまで考えてしまう秋の夜でした。

結局、優勝争いをしたことの無い首脳陣が、全く準備できてなかったってことでしょう。優勝争いらしい試合じゃないもん。早く辞めていただきたい。

マエケン、黒田の大黒柱2本に大当たりのジョンソン。そしてついに覚醒した福井。そこに大瀬良、ノムスケ、中崎、戸田、一岡、中田、今村、九里がからむ。さらには先発で実績を残したヒースもいる。これだけのディフェンス力(抑えの不安は大きいが…)を持ちながらもこの醜態。この責任は重いです。全ては監督の中の明確化された役割分担の欠如と明確な選手起用プランの欠如にあるでしょう。
オープン戦からファンの間で危惧されていたことは全て的中。3点とられたら終戦ではなく、いかに3点を奪って終戦に持ち込むかが首脳陣の仕事だったことはシーズン前から明白。そもそもそういった野球を目指すはずではなかったのか?
1番は丸(四球がとれる、逆方向にも打てる)、2番は菊池(バント成功率高い、丸が倒れてもヒット盗塁の可能性有り、ランナーいる場面は右打ち徹底は要指導)、3番松山(個人的には天谷希望)、4番新井、5番ブラッドは固定(基本的に本人に任せる、打てない時期も我慢)、下位打線も6番梵、7番田中、8番會沢(この3人も基本的にランナーいるときは右打ち徹底、こういった思考だとボールも長く見ようとするし、ファールでも粘れる、球数も稼げる)で固定。振り回していい打者は主軸だけ。これくらい徹底してやってもいいくらいペナントレースは長い。
根拠なしの行き当たりばったりのパチンコ采配では大損くらうのは目に見えている。誰にでも調子が崩れる時はあるので、そこら辺りをどうマネジメントできるかが監督の力量で、どう不調の波を小さくするかがコーチの力量。その辺りをカバーする戦力は野手にもあるはず。石原、木村、廣瀬、ロサリオはその役割。代打は小窪、代走は赤松。誠也と野間は新井、ブラッドの休日または守備固めでよし。堂林は2軍で3割、2桁打てるまで論外。あとは安部、下水流など2軍で結果を残している選手の使い時。要は限られた戦力をどうマネジメントするかの問題。その辺の不味さがファンにはよく伝わってきます。前々監督には?もあったが芯があった。今のカープの野球は納得いかないことだらけです。誰か説明して!

ひろスポ!「コイ祭りの終わりに…」取材班

ひろスポ!お勧め、なぜカープは24年も優勝しないのか、がよくわかる携帯サイト「田辺一球広島魂」コラム、速報、最新ニュース、そしてカープの舞台裏…
スマホ版ikkyuu-t.com
通常携帯版 www.ikkyuu-t.info/i

ひろスポ!イチオシ、カープ応援グッズはコチラ

ぴろぴろ笛
カープ女子・大井智保子さんも「お気に入り」の首からさげてかわいい!!楽しく吹いてカラダ元気! スラィリーぴろぴろ笛先行販売開始!

hirospo.com/pickup/20340.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内