地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > オリックス・森脇監督が胸に秘めた広島・呉での交流戦、屈辱的大敗を受け、今夜…
2014年06月09日
編集部

オリックス・森脇監督が胸に秘めた広島・呉での交流戦、屈辱的大敗を受け、今夜…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

セ・リーグ首位から昨日、滑り落ちた広島が泥沼の6連敗となった。交流戦前、12あった貯金は4にまで目減り…。交流戦明けには貯金をほとんど使い果たすような最悪のケースも想定される状況だ。

…というのもこれでソフトバンクに続いて、オリックスにも4戦全敗。すでに日本ハムにも2連敗を喫しており、残り2戦を失う可能性も高い。

この3チームに共通しているのは広島をハナから苦手にしていないところにある。

ソフトバンクは2年越しで広島戦6連勝。日本ハムに至っては3年越しの7連勝中、というのだから凄まじい。この間、ソフトバンクは秋山監督が、日本ハムは栗山監督が、上から目線!?で采配を揮うのだから、広島・野村監督にしてみればやりにくいことこの上ない。

オリックスも2年越しの7連勝中。しかし森脇監督の場合は少し様子が違う。昨年からチームの指揮を執る森脇監督にとって忘れられない試合となったのが今夜と同じ、広島県の呉二河球場であった広島戦。奇しくも広島の先発も同じ野村祐輔で、プロ初完投を許したばかりか12対1の大敗を喫したのである。

森脇監督は、今でも自身ワースト失点(12失点過去3度)の、あの夜の悔しさを胸に仕舞い込み、そしてディフェンス重視のチームを作りあげてきた、ということになる。

そしてあの日からおよそ1年と1カ月、再び訪れた呉のマウンドに手塩にかけた投手陣を予定通りに注ぎ込んで、2対0。3安打完封勝利を収めた、というオチになる。

もうひとつ、忘れてはならないのだが足を絡めた攻撃だろう。機動力野球と言えば広島のお家芸のはずだが、かつて現役時代に赤いユニホームに袖を通しその何たるかを肌で学んだ指揮官は古巣相手に見事、その“足技”を披露した。

唯一の得点は六回、ペーニャの三塁線を破る二塁打によって生まれたが、実はそこに至るまでには糸井エラー出塁、糸井二盗成功、坂口四球という“仕掛け”が用意されていた。

前日のマツダスタジアムでの8対1快勝のゲームもそう。3対0の三回、ヘルマンの糸井のツーランが飛び出す直前にヘルマンがやはり二盗を決めている。

さらに遡れば5月24日の、ほっともっと神戸での第2戦もしかり。初回、二死から四球を選んだ糸井は次打者、T・岡田の初球でスタート!完全に虚を突かれた広島先発のルーキー大瀬良はT・岡田に先制適時打されリズムを乱すと二回に2点、四回に5点を失い、それまでセ・リーグ勢相手に続けていた連勝記録が「5」でストップした。

かくして「セ・パ両リーグの首位同士」というふれこみで始まった今回の2連戦はオリックスの圧勝に終わり、広島は交流戦最下位ひとり旅の様相を呈してきた。

だが、交流戦は来年も続く。そう、毎年、いろいろなドラマを織り込みながらのこの戦いに終わりはないのである。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内