地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 巨人の開幕連勝を4で止めた広島の九里、鈴木、田中、菊池涼…試合の最中に原監督の「賭けゴルフ」騒動と記事全面取り消しなど求める報道も…
2020年06月24日
編集部

巨人の開幕連勝を4で止めた広島の九里、鈴木、田中、菊池涼…試合の最中に原監督の「賭けゴルフ」騒動と記事全面取り消しなど求める報道も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

6月24日 〇5-1巨人、東京ドーム
通算3勝2敗
18時開始・2時間51分、無観客
相手先発 メルセデス3回5安打4失点(自責4)
本塁打 鈴木3号②、田中1号②、菊池涼1号①

一番レフトピレラ
二番セカンド菊池涼
三番センター西川
四番ライト鈴木
五番サードメヒア
六番キャッチャー會澤
七番ファースト堂林
八番ショート田中
九番ピッチャー九里〇7回(1勝)7回118球2安打1失点(自責0)
菊池保
スコット

前日の”お手本ゲーム”に1点差負けした広島が試合開始から19分で勝負を決めた。

巨人先発のメルセデスに対して初回、鈴木が先制の3号2ラン。二回には八番に”戻った”田中も1号2ラン。巨人ベンチは三回でメルセデスを交代させた。

打線では開幕から4戦で17の0だった菊池涼が二番に戻り1号ソロを含む3安打。守備でも先発した九里を盛り立てた。

六回まで1安打ピッチングの九里は七回、先頭の岡本にあわやホームラン(原監督リクエストもジャッジはフェンスを越えていない)という二塁打を打たれそこから二死満塁のピンチを迎えた。が、代打・石川の大飛球をセンターの西川は背中をフェンスに当てながらジャンプしてグラブに入れた。

巨人は開幕連勝が4でストップ。おまけに試合開始直前の午後5時26分ごろ、ネット上に以下の記事が配信され、週刊新潮が報道することに対して、発行元の新潮社と同誌編集部に弁護士を通じて講義、記事の取消と謝罪文の掲載を要求した。

デイリー新潮 メールマガジンr31.smp.ne.jp/u/No/6312913/g0cG6D0FKE1I_16708/312913_200624001.html

■速報
▼巨人・原監督の150万円「賭けゴルフ」 1打5000円で…プレー同伴者が証言r31.smp.ne.jp/u/No/6312913/5eNI7i0FKE1I_16708/312913_200624002.html

この手法は、先ごろNPBが「三木谷浩史&孫正義 本心は『今季中止』で巨人・阪神が孤立!」の記事を掲載した「フラッシュ」出版元の光文社に対して4月30日、「NPBと12球団の総意」で記事の全面取り消しや謝罪文の掲載などを求める通知書を送ったのと酷似している。このケースではその後、どうなったかを報じるメディアはない。(ひろスポ!・田辺一球)

ひろスポ!関連記事
コロナに負けない!プロアマ一体で野球新興に取り組むNPBエンタープライズ新社長就任、でもまた読売グループ人材…関連で言えばNPBvsFLASHは?(2020年6月1日掲載)

巨人と読売新聞とFLASHと「法的措置の検討も辞さない」NPBとそのNPBを「現場のNPBで覆る」とした楽天三木谷オーナーと6・19開幕と…(2020年5月26日掲載)

読売新聞にFLASH報道全面取り消し求める記事、NPBも「法的な措置の検討も辞さない」、では巨人らセと楽天・ソフトバンクらパは一枚岩なのか?(2020年5月3日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

関連記事RELATED ENTRY

有料メルマガ配信案内