地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > Go!Go!堂林、2打席連発で広島打線猛爆17得点、しかし巨人は省エネ2-0勝利で優勝ラインは貯金20越えへ
2014年09月13日
編集部

Go!Go!堂林、2打席連発で広島打線猛爆17得点、しかし巨人は省エネ2-0勝利で優勝ラインは貯金20越えへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

巨人追撃へ、机上の計算では巨人との直接対決を除いて「あと2敗」が限度と言われている広島が阪神相手に今季最多の17得点、17対5で大勝を収めた。

初回に4点を先制しながら先発の大瀬良が二回までに3点を返される嫌な流れを断ち切ったのが一番に入った堂林。

五回に阪神3番手の金田から右中間スタンドに8号ソロをもっていくと六回には再び金田からバックスクリーンに9号ツーラン。真っ直ぐの次はスライダー、と読みも冴えて6打数3安打5出塁4得点の活躍で9月に入って1試合平均得点3点以下の打線の起爆剤になった。

打線の分厚い援護を受けた大瀬良はその後踏ん張って8回5失点で二けた勝利王手の9勝目。さらに昨日の敗戦で2・5差に迫られていた阪神とのゲーム差を3・5に戻すなどいいことずくめの日となった。

ただ巨人が東京ドームでDeNAに2対0で勝ったため、肝心の首位までのゲーム差5は変わらず。

そして巨人の貯金は今季最多の19で、こちらも大台の「20」に王手…。この数字が広島にとってどうなのか…?

昨シーズン、初のクライマックスシリーズに出場して”殻を破った”はずの広島ではあるが、実は借金3でレギュラーシーズンフィニッシュ。

きょうの勝利で広島は貯金9まで戻したが、今季最多でも貯金12止まりの広島にとって貯金20までの道のりはやはり相当厳しい。よってこの日の堂林のように起爆剤になれるような人材があと、どれだけ出てくるか?

レフトスタンドを中心に甲子園さえ赤く染め抜くカープファンの願いを、夢の続きを追いかけながら、Go!Go!7…Go!Go!77…

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内