地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > チャレンジリーグを終えたアンジュヴィオレ広島、皇后杯も広島でもう一度ゲームを!
2014年11月07日
編集部

チャレンジリーグを終えたアンジュヴィオレ広島、皇后杯も広島でもう一度ゲームを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チャレンジリーグ終了で記念撮影
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

初参戦のチャレンジリーグを10位で終え、来季から3部に再編される、なでしこリーグ2部参入が確実視されているアンジュヴィオレ広島が「もう一度、広島のサポーターの前でゲームを!」と燃えている。

アンジュヴィオレ広島は先週土曜日(11月1日)、広島広域公園第1球技場で日本体育大学女子サッカー部とチャレンジリーグ最終戦を行った。

試合は前半を0-1で折り返し、迎えた後半22分にFW斎原から左サイドのMF水野につなぎ、クロスをMF葛馬が右足で決めて同点。

前節でチャレンジリーグ、トップ3のノジマステラ神奈川相模原を2-1で倒し、チャレンジリーグ優勝を目指す日体大に対しても大逆転が期待される展開となったがアディショナルタイムにオウンゴールで勝ち越しを許した。

アンジュ、日体戦決勝点はオウンゴール
痛恨のオウンゴール

さらにダメ押しゴールを決められて1-3でホイッスル。最終戦を飾ることはできなかった。

アンジュ最終戦に駆け付けたサポーター
チャレンジリーグ、今季最多の集客数を記録したアンジュヴィオレ広島はこの日も多くのサポーターから拍手、声援を受けた

 

チャレンジリーグ最終成績は22戦、7勝5分10敗の16チーム中10位。得点29も10位なら得失点差-6も10位で、失点35は7位だったが、この成績でシーズンを終えることができたため、来季のなでしこリーグ2部への参戦は理事会の承認待ち、という状況になった。

試合後には武田裕季キャプテンがスタンドのサポーターにお礼のあいさつ。そのあと選手らがスタンドにボールなどを投げて感謝の気持ちを表した。

スタンドにボールを投げるアンジュの選手たち

そして今シーズンのスタジアムでの再会をサポーターに約束した。

残るは第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会。なでしこリーグ所属の10チームのほか、 北海道1、東北3、関東5、北信越3、東海3、関西5、中国、四国、九州が各2の計36チームで争われる。

アンジュヴィオレ広島は岡山県作陽高校とともに中国地区代表で2年連続出場。11月30日(日)午前11時から「三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 サッカー・ラグビー場メイングラウンド」で北海道地区のノルディア北海道と対戦するがそれに勝てば2回戦はコカ・コーラウエスト広島スタジアムで行われる。12月7日午後2時キックオフ。

しかも相手はなでしこリーグのFC吉備国際大学Charme。相手はなでしこリーグレギュラーシーズン最下位に終わっており「キラー」は十分に可能…。

皇后杯を勝ち上がるためにもチェレンジリーグでの課題点などをしっかりと把握し、また対策を講じておきたいところ。そこでリーグ戦を終えての印象や今後進むべき方向性などについて聞いてみた。
アンジュ奥村GM

奥村優之GM(画像左)
きょうの失点もそうだが”きわ”のところでどう勝っていくか?最後の最後で点を入れられるのはまだまだ足りないところがある、ということ。チャレンジリーグは10位目標でやってきた。でも来季のことを考えると勝ち抜かないと最下位になる恐れもある。5位当たりを目指していかないといけない。新しいステージへと抜け出していく、彼女たちにとっては大いにチャンスだ。

 

アンジュ武田キャプテン

武田裕季キャプテン(画像左端)
上位のチームとやっている方が自分たちのサッカーができている。それだけに前半の失点が痛かった。勝てる試合を勝ちきずに落としてすごく悔しいシーズンだったけど、まだ皇后杯が残っているので最後に広島のみなさんに応援していただきまた試合をやりたいですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葛馬とともにシーズンチーム最多6得点の塩谷真理
サポーターの方がすごく応援してくれて、その数もリーグでダントツ1位で支えていただいたので、恩返しができるよう戦っていきたい。そしてなでしこ1部に昇格できるようがんばっていきたい。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内