地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島県、高校野球春季大会から「タイブレーク」導入決定
2015年02月21日
編集部

広島県、高校野球春季大会から「タイブレーク」導入決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
硬式ボール
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島県高校野球連盟は2月21日に理事会を開き、硬式、軟式とも春季大会から「タイブレーク」方式を採用することを決めた。

延長12回で決着がつかない場合、延長十三回は無死一、二塁からスタートする。十三回の先頭打者は選択できる。また、その前の打者ふたりが走者となる。

5月30日に開幕する中国大会でも「タイブレーク」が採用される。

長らく「延々と続く白熱戦」が美徳とされてきた高校野球界。しかし昨夏、全国高校軟式野球大会準決勝で崇徳が中京と4日間に渡り延長50回を戦ったことなどにより、その”価値観”と”球児の健全なる成長”、さらには”野球の国際化”の狭間で、多彩な声がよりいっそうあがるようになり、日本高校野球連盟とその傘下の組織では「タイブレーク」採用に向けての流れが一気に強まった。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内