地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サンフレッチェ広島、「心が乱れて」FC東京に1-3負け、川崎フロンターレら後続組も勝ち点3積み上げ
2018年04月25日
編集部

サンフレッチェ広島、「心が乱れて」FC東京に1-3負け、川崎フロンターレら後続組も勝ち点3積み上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
城福浩監督
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

FC東京戦前日、雨のピッチで思案する城福監督(トップ画像)

 

(明治安田生命J1リーグ第10節、味の素スタジアム、4月25日)

1位・2位対決に挑んだサンフレッチェ広島のJ1リーグ開幕からの無敗記録が9で止まった。

城福浩監督の古巣、FC東京に1-3のスコアで完敗。9試合で2失点だった守備が機能せず3失点…開始5分、PKでまず1点、その4分後には自陣でのパスミスから2点目を失い、後半6分にも最も警戒していたディエゴ・オリヴェイラの2点目を許した。

入りで”こうなると”、”どうなるか”。それを如実に示すやられ方となった。

「特別な場所」で「ほんと楽しみにしている」と話していた指揮官の中で描いていた流れにはならず…いや「想定外」は常に織り込み済みのはずだから、相手の個の力、組織力、メンタルが一枚上手だったのだろう。

スタメンには稲垣から吉野、柴崎から川辺、渡からティーラシンと3人が入れ替わった。前日の非公開練習の”成果”を見せるためのベストチョイス。そして後半15分、一矢報いるゴールを決めたのはその3分前にピッチに”戻ってきた”稲垣だった。

競争原理の働く紫の風向きは少しだけ変わったが、風力が衰えたわけではないと思いたい。

次節は連勝を4に伸ばしたV・ファーレン長崎の適地にそのまま乗り込む。

前節3位の川崎フロンターレ、4位の北海道コンサドーレ札幌、5位のセレッソ大阪も勝ち点3を積み上げて、上位チームも束になってかかってきた。

なかなか経験することのできない、2位との勝ち点差9から6への”変化”をみんながどうとらえるか?

「最初の失点で心が乱れてしまった」と指揮官。逆にそれを実践すれば相手より優位に立てる。

そのヒントは第9節までの中に詰め込まれていたりもする。得点の有無にかかわらず相手の心をどう乱すか?

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内