地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 森崎和幸引退発表、「そして最後に、僕は今年の優勝は諦めていません」、11月24日(土)エディオンスタジアム広島で引退セレモニー
2018年10月27日
編集部編集部

森崎和幸引退発表、「そして最後に、僕は今年の優勝は諦めていません」、11月24日(土)エディオンスタジアム広島で引退セレモニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
森崎和
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • クヌギ

幾多の試練を乗り越え20年間、走り続けた森崎和幸(トップ画像)

 

サンフレッチェ広島は10月27日午前中にMF森崎和幸選手の今シーズン限りでの引退を発表した。現役生活20年間に終止符が打たれる。

11月24日(土)午後2時キックオフのエディオンスタジアム広島、名古屋グランパス戦終了後、現役引退セレモニーが開催される。

<森崎和幸(もりさき・かずゆき)プロフィール>
■生年月日 1981年5月9日

■出身地 広島県

■サッカー歴
矢野FC ⇒ 広島市立矢野中学校 ⇒ サンフレッチェ広島ユース ⇒ サンフレッチェ広島

■出場記録/リーグ戦/リーグカップ/天皇杯
1999年 広島・J1/ 3試合 0得点/ 0試合 0得点/ 5試合 0得点
2000年 広島・J1/24試合 3得点/ 4試合 0得点/ 2試合 0得点
2001年 広島・J1/26試合 1得点/ 3試合 0得点/ 2試合 0得点
2002年 広島・J1/25試合 1得点/ 2試合 0得点/ 4試合 2得点
2003年 広島・J2/41試合 1得点/  ―   ― / 2試合 0得点
2004年 広島・J1/28試合 5得点/ 5試合 0得点/ 1試合 0得点
2005年 広島・J1/34試合 4得点/ 6試合 0得点/ 2試合 1得点
2006年 広島・J1/26試合 2得点/ 1試合 0得点/ 2試合 0得点
2007年 広島・J1/32試合 0得点/ 6試合 0得点/ 5試合 0得点
2008年 広島・J2/33試合 2得点/  ―   ― / 3試合 0得点
2009年 広島・J1/18試合 0得点/ 1試合 0得点/ 2試合 0得点
2010年 広島・J1/17試合 0得点/ 3試合 0得点/ 1試合 0得点
2011年 広島・J1/32試合 0得点/ 2試合 0得点/ 1試合 0得点
2012年 広島・J1/33試合 2得点/ 2試合 0得点/ 1試合 0得点
2013年 広島・J1/33試合 0得点/ 2試合 0得点/ 6試合 0得点
2014年 広島・J1/29試合 0得点/ 2試合 0得点/ 0試合 0得点
2015年 広島・J1/33試合 1得点/ 1試合 0得点/ 1試合 0得点
2016年 広島・J1/24試合 0得点/ 1試合 0得点/ 1試合 0得点
2017年 広島・J1/10試合 0得点/ 1試合 0得点/ 3試合 0得点
2018年 広島・J1/ 0試合 0得点/ 0試合 0得点/ 0試合 0得点
【J1通算】427試合19得点/42試合 0得点/44試合 3得点
【J2通算】 74試合 3得点

 

■代表歴
U-18日本代表(1999)
U-19日本代表(2000)
U-20日本代表(2000 AFCユース選手権イラン大会)
U-20日本代表(2001 FIFAワールドユース選手権アルゼンチン大会)
U-22日本代表(2002 釜山アジア大会)

森崎和幸コメント

私、森﨑和幸は2018シーズンをもちまして現役を引退することを決断しました。ユース時代を含めて22年という長い間、サンフレッチェ広島でプレーできたのは、
いつも応援していただいている株主・スポンサーの皆様、ファン・サポーターの皆さん、クラブ関係者の皆さん、家族、そしてこれまで共にプレーしてきたチームメートのおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

振り返れば、僕はサンフレッチェ広島に入団させてもらった時から、このクラブ一筋でプレーすることしか考えていませんでした。引退するのも「サンフレッチェ広島」という強いこだわりがある中、まずその思いが実現できたことを幸せに思っています。

また、約20年間のプロ生活でもさまざまな経験をさせてもらいました。歓喜に満ち溢れた3度のJ1優勝はもちろんのこと、悔しさを味わった2度のJ2降格、自分自身の体調不良による離脱など、喜びだけでなく、苦しい時期もたくさんありました。
それでも何度も這い上がってこられたのは、やはりファン・サポーターの皆さんがどんな時も常にそばにいてくれたからです。

いろんな想いを一緒に共有できたことは、僕のサッカー人生における大切な宝物になりました。長い間、支えてくださり感謝しています。まだまだ感謝の思いはありますが、それは別の機会で直接、皆さんに伝えたいと思います。

そして最後に、僕は今年の優勝は諦めていません。最後まで共に戦ってください。
僕も最後まで戦い続けます!

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内